FC2ブログ

夕焼け

s_DSCF9623.jpg

ひまなので富士乃夕焼けを撮ってみました
スポンサーサイト

イチョウそして武蔵野

s_DSCF9489.jpg

s_DSCF9552.jpg

s_DSCF9569.jpg

s_DSCF9571.jpg

昨日は天気が良いのでイチョウ並木を撮りゆきました。
場所は立川市にある昭和記念公園です。
中央線から青梅線に乗り換えて1駅、眼の前のだだっ広い園内には
すでに紅葉した木々が見えました。
この公園には銀杏並木は2本あるそうですが、
係員さの勧めにより東側のカナールというところをめざしました。
昭和と名がありますようにイチョウの木はびっくりするような大きさではありませんでした。
それでも近郷近在の方々はもとより外国語を話す人々も
この黄色にすっかり色づいた遊歩道を楽しく散策されていました。
これから50年、100年後がさらに楽しみなことですね。

s_DSCF9474.jpg

s_DSCF9478.jpg

所で国木田独歩の武蔵野によりますと明治の頃までこの一帯は楢の木が多かったとか。
少し気にしてその木ではないかと思うのを何枚か撮ってみましたが
これがはたして楢の木なのでしょうか?
今ではこの地域も大きなビルや家々が建ち並び緑が圧倒されつつありますが、
その昔はどうだったのだろうと想いはせながら近代的な街をあとにしました。

やぶそば

今日は突然お蕎麦が食べたくて神田にむかいました。
地下鉄の淡路町駅で下車して、まずは「神田まつや」にゆくとなんと休日。
そういえば以前も同じことが、あれも多分日曜日だったかな~、
学習能力の無い私は少し足を伸ばし、「かんだやぶそば」の前でしばし佇みました。

s_DSCF1011.jpg

s_DSCF1016.jpg

s_DSCF1014.jpg

お店構えがそれなりに歴史を誇っているようでお値段のほうが気になったのです。
でも「たかが蕎麦だ、身ぐるみ剥がれることはないだろう」蛮勇をふるって暖簾をくぐりました。
と、中は3時過ぎというのにお客さんでいっぱい、外国人観光客も少なからずおられます。
やがて席につき、品書きを見ますと「ざるそば」という文言が見当たりません。
「すみません、いわゆるざるそばというのはどれなんでしょ?」
「あっ、それはこの『せいろそば』ですよ、普通にお召し上がる方なら2枚がよろしいと思います」
「それじゃ~、それを!」
で、出てきた蕎麦はごく普通の様相をしたざるそば、これで一枚670円。
田舎者らしく蕎麦にたっぷりとつゆをつけて、ズルズル~と流し込みました。
そば粉10に、小麦粉1の割合だそうで、蕎麦は白くて喉にすぅ~と入ってゆきます。
落語に出てくる「時そば」とこの「藪そば」、どっちが古いんだろうと
変なことを考えなら食べているといつの間にかなくなっていました。
さてそれでは勘定は時そば風にゆこうかと思いましたが細かいものがないので、
野口英雄を2枚出し、お釣りをしっかり確認して心地よくぷいと出てゆきました。

s_DSCF1021.jpg

4枚目の写真はすぐ近所にある「名代あんこう鍋いせ源」は創業天保元年とあります。
東京っておそろしい所ですね~

s_DSCF1036.jpg

s_DSCF1040.jpg

さて、神田に来たからには腹ごなしでも考え、古本屋をめざしてしばらく歩きました。
馴染みの店を物色しようと思いましたが、今日は日曜日、半分以上のお店が休みでした。
それでも今静かにブームとなっている国木田独歩の
「武蔵野」と「運命」を仕入れることができました。
文庫本の上辺の不揃いな紙の色がすでにこげ茶色になっています。
いずれも昭和30年代発行の本で旧漢字に歴史的仮名遣いでございました。
これはこれでよしと思い、そそくさと地下鉄に潜り込みました。

秋空のもとの音楽

s_DSCF0998.jpg

s_DSCF0999.jpg

s_DSCF1010.jpg

土曜の晴れた昼下がり、荻窪駅前をぶらついていると何やら心地よい音楽が流れてきました。
駅前の小さな広場でコンサートをやっておりました。
昨日からこの4日間、「第31回荻窪音楽祭」と銘打って市内29ヵ所で行われているとか。
この会場では私と同じ団塊世代のミュージシャンやそれに新社会人グループ、
それに地元の中学生のグループがフォルクローレを演奏しておられました。
縦笛のケーナなど電気を使わない素朴な楽器というのは心地よいですね~。
あの有名な「コンドルは飛んで行く」だけでなく、
明るく楽しい曲が次から次へと演奏され時のたつのも忘れてしまいます。
何よりも演奏している人々が楽しそうで、聴いている人も思わず手拍子がでてきていました。
秋晴れのもと久しぶりに爽やかな時をすごさせていただきました。

下町の伝統

昨日、東野圭吾の「新参者」という小説が面白くて、東京の下町人形町に行ってみる気になりました。
この街にある甘酒横丁界隈は小説のイメージと少し違い、だいぶ都会化した街となっておりました。
それでも人形焼やたい焼き店さんなどには多くのお客さんがならんでいました。
その他にも扇子の専門店、なつかしい小間物屋さん、さすが江戸の下町風情を残しておりました。

s_DSCF0913.jpg

s_DSCF0947.jpg

s_DSCF0973.jpg

s_DSCF0962.jpg

s_DSCF0927.jpg

s_DSCF0940.jpg

s_DSCF0955.jpg

で、創業200年以上も続いているという刃物屋さん「うぶけや」をのぞかせていただきました。
様々な包丁は勿論のこと、刃が3、40センチものあろうかと思われる巨大なハサミや1センチにもみたない握り鋏、
それに子供の頃使った肥後守ナイフの上等なヤツなどなど
それはそれは見ているだけで楽しくなります。
刃物というのは切れるという緊張感があるためか
こうした作品を見ているとどこか身の引き締まってくるのを覚えます。
あらためて歴史、伝統という凄さを垣間見た気がしております。
いい勉強をさせていただきました。

そうそう3枚目の喫茶店は小説「新参者」に出てくる昔ながら喫茶店です(o^。^o)

娘、再びベルリンへ

一時帰国しておよそ2週間、娘は再びベルリンに向けて飛び立ってゆきました。
家の中は火が消えたような静けさです。
することもなくひまなので、ベランダに咲いているウィンターコスモスを撮ってみました。

s_DSCF9464.jpg

じわりじわり

s_DSCF0864.jpg

s_DSCF0880.jpg

s_DSCF0889.jpg

s_DSCF0895.jpg

今日も「天気が良いので大田黒公園にも行って写真撮てきたら?」
と家内が言うのでのこのこと昼過ぎでかけました。
紅葉シーズン到来とはとてもいきませんが、
でもじわじわと平地にも秋が忍び寄っているようです。
訪れたびとも何するとはなくじ~っと眺めておられたようです。
秋の日差しが心地よかった。

秋晴れのもと

s_DSCF0761.jpg

s_DSCF0777.jpg

s_DSCF0813.jpg

s_DSCF0797.jpg

昨日は天気が良いので久しぶりに新宿御苑にゆきました。
レンズは巻算35㎜一本です。
この時期この公園ではこれといった花は咲いておらず、
公園でくつろぐ人々の様子をスケッチしました。
木陰に入るととてもさわやかでのんびりとした一日を過ごさせていただきました。

夕日

s_DSCF9359.jpg

今晩は久しぶりに上野で家族全員で食事しました。
写真は出かける前に夕日がきれいだったので撮ってみました。

西荻窪の居酒屋

先日来 家内から早く病院に行けとやいのやいのといわれていましたが、
一昨日一時帰国した娘に一言言われ、西荻窪にある耳鼻咽喉科にゆきました。
この病院は近隣ではとても有名で、
多くの患者さんが2~3時間待って診てもらうことがあたりまえになっているほどです。
この日はたまたまわりと患者さんが少なく、小一時間で診てもらうことができました。
でも薬局で薬をもらい、ドトール・コーヒーで一服しているとすっかり日が落ちていました。

s_DSCF0740.jpg

s_DSCF0751.jpg

s_DSCF0746.jpg

秋の日は日が落ちるのが早いですね。
カメラを持って駅周辺をぶらついていると小さな飲み屋さん街がけっこう沢山あります。
新宿や銀座のような一席うん万円といった所と違い、都心から満員電車に揺られ
むんむんとする人息のなか、やっとたどり着いたマイ・ホーム・ステーション。
近くの家に帰る前にちょっと一杯という気にさせてくれるようなお店です。
いいですね~、わざわざ遠くから飲みに来るようなお店ではありませんが人心地つけるお店。
いつしか顔なじみとなったどこかのサラリーマン同志、時に会話のはずむこともあるでしょう。
これが西荻窪駅前の飲み屋さん街です。
プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード