おいしい役どころ

今日、ハーゲンダッツのCM撮りのため、吉島住宅展を訪れました。
今回はなんとまさこちゃんとの共演が実現したのであります。
女性カメラマンは初めてでしたがディレクター、照明マンは、
「なあ~んだ、お前か!」という懐かしい方々でした。

s_DSCF1846.jpg

s_DSCF1852.jpg

s_DSCF1867.jpg

撮影は3世代ファミリーがただただアイスクリームをほうばるという役どころなので
演技もへったくれもありません、冷たくて、甘く美味しいハーゲンダッツをなめて終了となりました。

最後に、まさこちゃんと私は今度出る機会がもしあれば、
またこうした美味しい役どころをと平身低頭しお願いしておきました。
あっ、放送は8月10日と15日の広テレ「ZIP」だそうです。
スポンサーサイト

体にたたきこむ

今日民放連OB写真クラブの会合があり、
各自が撮った写真の見せやっこをしました。
この会に参加してまだ日が浅いのですが
それでもいろいろな撮影現場で顔を会わせたお歴々がおられとても懐かしかったです。

散会後、尾川先生らとフェミリーレストランで食事したのですが、
その時先生から面白い話をうかがいました。

標準レンズの50㎜で撮る場合、ファインダーを覗いて頭のテッペンから顎までの距離が3フィート。
バストショットが5フィート、ウエストショットが7フィート。
そして頭から脚までのFF(フルフィギア)が15フィートだそうです。

何故、先生がこんなこと覚えているかというと、
昔のムービー・カメラではファインダーを覗いてもピントをとることが出来ないカメラほとんどでした。
長年テレビ局でカメラをふった先生にはそれが体に染み込んでいるのです。

映画撮影用のカメラもそうです。
ではどうするのか? カメラマン助手が巻き尺を持って被写体とカメラの間を測り、
カメラマンはレンズに刻まれている距離をそれに合わせて撮るのです。
小津安二郎や溝口健二監督、山田洋次監督などの作品
は間違いなくこうして撮られたものです。

また、テレビ局のカメラはファインダーでフォーカスをとることはできますが、
全て手動でピント合わせをします。
民生用のカメラはオートフーカス全盛ですが手動で撮るにはそれなりのワケがあるのです。

s_DSCF1841.jpg

※散会後、100メータ道路まで写真を撮りにゆこうと思いましたが、
あまりにも暑いので断念、途中あるお店の2階部分が東京の下北沢の雰囲気に似ているのでパチリ。
と、まあお茶を濁してしまいました、すみません(o^。^o)

夕陽

s_DSCF17641.jpg

先ほど買い物にゆこうとしたら夕焼けがきれいだったので、
買い物はほっちらかしにして撮影に没頭しました。
でも、夕日、朝日ってのは難しいですね~、
目で見た本当の色がなかなか出ません。
この写真では赤みが少し足らないのです。
じゃ、赤みを足してみたらと思われるかもしれませんが
今度は全体がどぎつくなっていけません。
難しいもんです~

夏の朝

s_DSCF1725.jpg

s_DSCF1739.jpg

今朝起きるとタバコの無いことに気がつきました。
兵糧攻めにあってはかなわぬとあわてて近所のコンビニまで出かけました。
行きしなは涼しくて気持ちよかったのですが
帰り道はやはりじっとりと汗ばんできました。
そんななか、朝顔と夾竹桃が咲いていたのでおさめてみました。
やはり本格的な夏ですね!

本格的な夏到来

s_DSCF1708.jpg

今朝も早朝に叩き起こされてゴミ出しにゆきました。
いい天気です、そんな中、蝉の大合唱がきこえてきました。
実は、私の日記によりますとこの9日の朝、
蝉丸くんが一人鳴きはじめたのが最初でした。
でもちょこっとしか鳴かず、「あれれあとの友達はどうしたんだろう?」
と思っていたところでした。

それが今朝になってみると、
蝉丸くんをはじめ、蝉太郎、蝉次郎、蝉助くん、更には蝉ダブル、蝉ヌードくん等々
百家争鳴とはちと変ですが耳をおおうような一大シンフォニーがきこえてきました。
私的にはどうやら梅雨は終わったようですね、これから本格的な夏がやってきます。

フロスト病と連立方程式

みなさんは「フロスト病」という病をご記憶でしょうか?
そう、英国の小説家、R・D・ウィングフィールドの
「フロスト警部」シリーズを読みふけることによって、
夜昼関係なくこの本から目が離せなくなり、途中、奇声を発する方
はたまた突然、一人でげらげらと大笑いするといった症状がではじめ、
翌朝には、ぼぉ~っとしたかと思うと、思い出し笑いするなど
いろいろな兆候がみられる病なのです。

その「フロスト」シリーズの遺作、「フロスト始末」がこの度出版されました。
で、私はこの上下2冊を一気に読み上げましたが、
何故かこの度は多少ニンマリすることはあっても、
声を出して笑うといことはありませんでした。
これまで読んだ5作品に中身は勿論記憶にあるわけではありませんが、
これまでとは少し違っておかしみの部分が減り
ちっと変化があるような気がしております。
しかし、何故かこの本が一番読みやすかった感じも否めません。

さて、このフロスト警部の出立ちは
刑事コロンボを想像していただいたほうがちかいでしょうか、
しかしこの上なく下品で、上司やお偉方、悪者には悪態のつき放題、
それでいて部下や市民に口は悪いがなんともやさしい。
これが部下に慕われ、読者を惹きつける要因なのかもしれません。
出されたコーヒーカップに鉛筆を入れ、砂糖をかき混ぜるなんて人、
そんなにはいないでしょう(o^。^o)

このシリーズでは毎回、いろいろな事件が重なって発生します。
でも小さい田舎の警察署のこと、フロストにそのお鉢が回ってくるのです。
行方不明、殺人、スーパーマーケットへの脅迫etc.
そして読んでいる途中、ある事に気が付きました。

未知数が4、5とある連立方程式の解をもとめる数学に似ているなと?
ご存知のように連立方程式は未知数の数ほど関係式がないと解はえられません。
この上下2巻のお話に中で、X、Y、そしてZ等の関係式を描いているのです。
ヤツがホシだと言った彼の第六感も調べが進行していくうち、
第2,第3と状況が変化し、方程式の係数も変わってきます。
そして何かの拍子に未知数Xの解がえられると、YやZの答えも引き出されてくるのです。

今、本屋さんにゆくと第1作の「クリスマスのフロスト」から全作が置かれています。
まだ一度も読まれたことの無い方、あなたはしあわせものです。
無作法で口の悪く、お下劣なフロスト様にお会い出来るのですから!!!
でも、この作品が最後になるとはほんとうに残念至極であります。

博士

さて一夜明けて、我が家のお姫様のご帰還であります。
阿品駅まで見送ってしばらくぼけーっとしていると、
彼女からのメールあり、広島駅構内の喫茶店に忘れ物したので
回収して東京に送って欲しいとのこと(⌒-⌒;)

s_DSCF1704.jpg

昔私が子供の頃、「鉄腕アトム」というアニメ番組あがり、
その中にお茶の水博士というアトム育ての親という方が登場していました。
この博士、抜けたところもなく忘れ物もしなかったように記憶しています。
彼女も一応博士です、でもどこかが抜けています。
昨夜は新幹線のキップが無くなったと大騒ぎし、今朝はお店に忘れ物。
博士にもいろいろなタイプの方がおられるんですね(o^。^o)
さて、この忘れ物、ペットボトルの水は満タンにして送り返せばよろしいのでしょうか?

s_DSCF1684.jpg

s_DSCF1691.jpg

s_DSCF1693.jpg

所で、件の喫茶店で一服した後、暇なので駅北口を覗いてびっくりしました。
南北通路が整備され、北口のプロムナードは一変しております。
昼間、広島駅周辺をとずれたことのない方、
駅構内の案内係りの方によお~く聞いて行動することをおすすめします。
確か私が子供の頃は2階建てではなく、天井の高い平屋だったような記憶があるのですが・・・

お互いを認めあう

今日は娘が企画したパレスティナ問題の講演が広島市内の小学校であるというので、
臨時カメラマンとしてかり出されました。
午前中、雨もあったしはたしてどれくらいの人がお見えになるのか心配でしたが
何とか様になったようで安心しました。

講演してくださったのは、パレスティナ問題の世界的権威者A・シュライム教授と
パレスティナNGOなどされているH・ナハル博士のお二人でした。

s_DSCF1548.jpg

s_DSCF1466.jpg

s_DSCF1529.jpg

s_DSCF1683.jpg

s_DSCF1488.jpg

お二方の話を聴いていると、先進国首脳や多くのメディアなどが認識していることと
現地の人びとがかかえている思いとのズレが相当あることがよくわかりました。
ちなみにこのお二人、実はユダヤ人とパレスティナ人なんですがとても仲がよいのです。
勿論考え、立場は違うけれどもそれぞれにお互いを認めあっている。
これが本当の人間関係だな~としみじみ思いました。

この講演会は東京、大阪、京都で開催され、この広島が最後になるそうです。
彼女は半年かけてこのプロジェクトを立案し、
今月の2日から今日までずっと付き添ってきました。
そして明日には広島を発つとの、まずはご苦労さまと言っておきましょう!!!

嵐の後

この度の台風ではこちらの方はあまり強い雨もなくてすみましたが、
九州地方ではかなりの被害が出たようです。
みなさまの所ではいかがだったでしょうか?

s_DSCF1258.jpg

s_DSCF1247.jpg

s_DSCF1284.jpg

s_DSCF1331.jpg

今朝は例によって早朝のゴミ出しゆき、
ふたたびアガパンサスの花に挑戦しました
途中、西洋朝顔の花が路上に落ちておりました。
これも台風の影響なのでしょうか。
それにしても昨夜は少し肌寒かったですね。

アガパンサス

s_DSCF1199.jpg

今朝、ゴミを捨てにゆくとそのそばにアガパンサスが咲いておりました。
実はこの名前は撮って帰った後、家内に聞いて知ったのです。
掃き溜めに鶴ではありませんが薄い藤色で、凛として品がありいい花ですね~

カメラ;X-T1  レンズ; NOKTON 58mm F1.4 SLII N
絞り F-2.0  シャッタースピード 1/32000 ISO 800
プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード