大雨があけて

s_DSCF0897.jpg

昨夜の大雨洪水警報の明けた昼、JBQ(ジジ・ババ・カルテット)は
果敢にも広島駅前でランチしました。
蔦屋家電の裏側にある京都発のステーキ屋さんで四人は定食を完全快食。
食後のコーシーはゆったりとしたスペースのある入り口の茶店で、
例によって支離滅裂の話で盛り上がりながら元気を確認しあいました。

s_DSCF0919.jpg
(ちなみに猿猴とは河童のことだそうです。昔この界隈に屁の河童さんが出没したのでしょう!??)

s_DSCF0931.jpg

s_DSCF1027.jpg
( 右上にあるビルが広島で有名なあのうなぎの柳橋こだにです!!!)

s_DSCF1176.jpg

散会後私は市内の橋が撮りたくて、猿猴川に架かる猿猴橋と荒神橋、
それに京橋川に架かる柳橋を撮りにゆきました、歩いて・・・
3時頃にはお日さんも顔を出しはじめ蒸し暑いのなんの!
しかも昨夜来の大雨で川のどっぷりと土色、
これも修行だと思って必死になってシャッターをきりました。
おかげで帰りの電車の中では爆睡でありました(o^。^o)
スポンサーサイト

ギーゼキング

午前中雨が降っていたのでまた例によってレコードのデジタル化をいました。
レコードはギーゼキングによるメンデルスゾーンの無言歌集です。
レコード番号がAB8063とありますから相当古いです。60年代前後でしょうか。

実はこのレコードはプレイヤーのターンテーブルの上に何ヶ月もほったらかしにしていたため、
ホコリとタバコのヤニで汚れ放題になっていたのです。
いざかけてみると案の定、外の雨に負けないくらいのノイズ、
しかも、へばりついたゴミで途中で同じ箇所を何度も繰り返し先に進んでくれません。
そこで先に買ったクリーナーでゴシゴシやっても効果なし、家内の歯ブラシでもダメ。
思い余ったあげく、テーブルの脇にあった「くまモン」のウェットティッシュでやると、
ノイズもほとんどなくなり見事にトレースしてくれました。
100円ショップで買ったものですが、くまモン様々であります。
でも、結局この1枚で午前中いっぱいかかりました。

DSCF0294_convert_20160619135851.jpg

そして今、録音したレコードを聴いておりますが、いいですね~メンデルスゾーン!!!
「春の歌」「ヴェニスのゴンドラの歌」「紡ぎ歌」やさしくてきれいな曲がいっぱいです。
とかく甘くなりそうな曲集ですがギーゼキングの芯のある美音がしっかり抑えているかのようです。
彼の演奏をきれいなステレオ録音であったらといつものように無い物ねだりしております。

生の音

今日はまさこちゃんからユンディ・リーのピアノ・コンサートの券をいただいので聴きにゆきました。
会場にはご主人もお見えになっておりました。

ユンディ・リーは中国・重慶出身のピアニストで
ショパン・コンクールの優勝者でもあります。
今日は4つのバラード曲と24曲の前奏曲が演奏されました。
彼の演奏は音のつぶがそろって、とてもきれいです。
両方の指が鍵盤上を華やかに舞い、階段をするすると登ったかと思うと
シュルルを駆け下り、そのテクニックはすごいものがります。

今回はじめて知ったことは、「24の前奏曲」というのはこれ全体が一つの作品なんですね。
CDですと、1曲1曲が細切れに演奏され前後のつながりがはっきりしませんが、
彼の演奏を聴いていると何曲がつなげるよう演奏されるとちょっと間をおき、
次の曲に入ってくといったふうでした。
最後の24番目の曲前で一呼吸した後、一気に思いのたけをうたい上げているようでした。
最後、低音でダン、ダンを打たれる、これがとても感動的でした。

帰り道思ったことは、やはり生の音は素晴らしい。
何百万、何千万のお金をかけたステレオでも生の音にはかなわない。
また、ポピュラーやロックなどのように電気を通した演奏会よりも、
昔のジャズやクラシックのように電気を使わない音楽のほうが、純生の方が
人間臭さがモロに出て、ナチュラルでいいな~と思いました。
でも、今日のコンサートでは空席が目立ったのが少し残念でした。

フーガの技法

「フーガ」っていう言葉をお聞きになったことがおありだろうと思います。
車の名前、そして音楽のフーガなどなど。
音楽のフーガは昔、遁走曲(とんそうきょく)または輪唱などと呼ばれることもあるようです。
遁とは逃げる、のがれるという意味だそうです。
「かえるの歌」という曲を学校で習われた事があると思います。
♫カエルの歌がきこえてくるよ と歌っている後に追いかけるように同じ歌を歌う。
あれです、それがフーガの最も単純な曲です。

そのフーガという技法の極めつけのような作品を世に残した作曲家います。
そうです、ヨハン・セバスティアン・バッハ。
そのバッハさんがおよそ人間では考えられないような曲を、
未完成ながら『フーガの技法』という大曲を残しました。

あつ、そうそうこのフーガという作曲の発想は
あのどでかい教会、大聖堂で演奏すると音が反響してきますが、
それが原点ではないかなと思っています。
もっともこれは私個人の見方なので、すぐに忘れてください(笑)

閑話休題(話を元に戻しまして)、
彼は1つのメロディ(主題)を様々な工夫を凝らしています。
転調、アゲハチョウはもとより、テンポを変えてみたり、
また、楽譜の上の音を逆から演奏させたり、
さらには鏡で写した様に上下逆さにかいております。
例えば、ドーソーミードをソードーミーソとひっくり返しているのです。
とにかく大変手の込んだ作品なので、私のような素人にはとても理解できません。
大変数学的で、宇宙的な体系のものになりたっているようです。
じゃ、冷たい感じの曲なのか!
とんでもない、そんな曲だったら300年もの間にはとっくに忘れ去られています。

でも、彼はこの作品に楽器の指定をせず、未完成のままその生涯を終えています。
で、曲には様々な楽譜があり、それがLPやCDにおさめられているのです。
チャンバロ(レオンハルト、コープマン)、オルガン(ヴァルヒャ)、
室内楽(ミュンヒンガー、リステンパルト)ピアノ等々
これら多くの演奏は、ほとんど違う版を使っていると思われます。
今様に言えば、大変な問題作なんです。

実は、この原稿を書くきになったのもそのことなんです。
この度、K・リステンパルトのLPのデジタル化している際、実際に流れている音楽と、
ジャケットに書かれている曲名が違っていることに気づきました。
例えば、バッハ作品番号8番目の曲がこのLPでは10番目になっています。
これは、バッハの作品番号通り演奏しているヴァルヒャ(org)盤と
1曲毎に聴き比べてわかったことです。

さらに、私の所有しているアルバム、5枚全部が
曲順がバラバラな上、楽器まで違うことが判明しました。
おかげで全てのアルバムを聴き比べるにに3、4日もついやしましたが(⌒-⌒;)
それぞれのアルバムはそれなりの専門的研究によって演奏されているのでしょう。
専門的知識のない私にはそんなことは全くわからず頭の中身はウニ状態になりました。
そして、この度これらLP,CDを聴いて、
このリステンパルトのLPがド素人のわたしには一番聴きやすかったです。
1曲、1曲がとても美しい~、ほんと心地よいのです。

生涯600曲余りを作曲したモーツァルトには神の啓示
としか考えられないような素晴らしい曲が数多くありますが駄作も散見される。
所が、約1000を作ったバッハには駄作と呼ばれるものは殆ど無ない。
(彼らの作品の中には1曲の演奏時間が約2時間要する大曲も数多くあります)
と、多くの専門家はこのように見ているようです。
何を持って傑作、駄作とするかについては、異論反論オブジェクションはあるでしょうが~
勿論私はこれらの作曲のすべてを聴いているわけではありませんが、
なぜだか納得できるのです。

ところで、今、こうした駄文をつらねる時には決まって
バッハのインストルメンタルな曲を聴きながら書いております。
何故か、具合がいいのです。音が複雑にいりくんでいても美しいのです。
彼の作品は現代においてもなお新鮮さを失うことなく、ポップスやジャズに至るまで、
あらゆる分野の音楽に応用され、多くの人々に刺激を与え続けているとよくいわれます。
バッハは小川ではなくて、まさに大海ですね。
くめどもくめども盡きない奥深さがあるような気がしています。

音楽評論家の泰斗、吉田秀和氏はこの曲と「平均律クラヴィーア曲集」の2曲は
「音楽の不滅の聖典といっても過言ではないだろう」と言っておられます。


☆A准教授 『Cp. 8が10曲目にくるのは、自筆譜の配列です。
自筆譜と初版譜の配列の違いについては、たとえばこちらの表などご覧下さいまし。
一般に、自筆譜は対位法の難易度順、初版譜は
対位法の種別ごとに整理して並べ替えたと言われています。
http://www.piano.or.jp/enc/about/data/bach-kf-uebersicht.html
※Cp.8とはContrapunctus(コントラプンクトゥス)8番の意)


→私 ありがとうございます、さすが、芸大楽理を主席卒業された方だけあります(o^。^o)
所で、このLPのコントラプンクトゥスは19までありますが、
添付された資料には12までしかございません。
特に終わりごろはコントラプンクトゥス16の曲が4曲もあります???
まあ、素人が心安らかに聴くのですから、何も不都合は感じておりません(o^。^o)
いろいろな演奏があるというのは楽しいもんですね!!!

尚、編曲はパリ音楽院のマルセル・ビッチュとクロード・パスカルという人。
日本語解説はあの角倉一朗氏です。


☆A准教授 「Cp16 はカノンなので、何通りか解法が考えられるのだと思います。
角倉先生は楽理科の卒論のテーマが Kunst der Fuge で、
ヨコ書きの原稿用紙のマス目を完全に無視して、当時まだ若かったはずなのに
書痙の最近とほとんど同じベートーヴェン並みの筆跡で書かれてありました。
先生ご退官の年の大学院ゼミのテーマがKFでした。


→私 なるほど~、所で、角倉一朗氏の音楽之友社「バッハ」という新書版を持っていますが、
この本はバッハの作品が作品番号順に全て掲載されているので大変重宝しています。
大昔買ったもので、1冊300円でした(笑)

女流ヴァイオリニスト

雨降る今日一日、古いレコードのデジタル化をしようと思い立ちました。
まずは昔懐かしいM・オークレールのメンチャイのLP盤です。
(メンデルスゾーン、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲のことです)
このオークレールという女流ヴァイオリニストは
60年代に活躍しましたが活躍期間は短かったようです。
DSCF3984_convert_20160213182551.jpg

まず、針を落とすとあのメンデルスゾーンのデリケートで甘く切ない旋律が
あふれる出るように流れてきます。
彼女より上手なヴァイオリニストは数多いるかもしれません、
でも若いころに聴いたこのLPには何か特別の愛着があります。
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲も真摯で品がありとてもチャーミングです。

若い女性が筆でしたためた手紙に似て、丁寧にやさしくうつくし文字が流れています。
筆に再び墨をふくませ、意を決したように、片意地はることなく丁寧に書かれています。
雨のしょぼ降る外を眺めながら、そんな止めどもないことを想いながら聴いています。

DSCF3987_convert_20160213182659.jpg

さて、デジタル化したデータを楽章毎に振り分け作業をしようと思い、
CDのライブラリーを検索すると、なんとこの演奏のCD盤があるではありませんか。
では、いったいこの1時間あまり、私は何をしてきたのでしょうか(⌒-⌒;)

でも、気を取り直して夕食後は、クレンペラーのマーラー交響曲第2番のLP盤の
デジタル化にとりかかろうと思っています。
こちらはまだCD盤は持っていないようです。
とまあ、ヒマな年寄りの一日でございます。
プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード