食って、寝て、起きそして食べる

森敦(1912-1989)の『月山』は1974年に第70回芥川賞を受賞した作品で、
森は62歳、黒田夏子が75歳で受賞するまでは最年長記録だったそうです。
この度文春文庫で新装版が出たので手にとってみました。
そして驚愕で身が震えるほど感動しました。

月山の麓にある古ぼけたお寺に一冬居候することになった「私」。
本を読むでもなく、絵を描くでもない私は、
寺の仕事手伝うでもなく雪深い農家をただぶらりとし、農家の人々の話を聞く。
「私」がやったことといえば、お寺の隙間風を防ぐため
お寺にあった古い古い祈祷帖の和紙で蚊帳をつくっただけ。
あとは寺男のじいさまがつくった大根だけ入った味噌汁とご飯を食べ、
毎日まいにちぼぉ~と過ごしていたのです。
それでもこの小さな農家ではいろいろなことがおきますが
「私」は何をするでもなく、それらをじぃ~と見聞きしているのです。
そして春、友人が来たのでお寺を去ることを決意します。
別れにあたって寺にじいさまは手弁当と手作り割り箸を差し出し、
紐で結んだ眼鏡を外して涙するのでした。

この作品はこれまでの小説とは全く異質ので、
ほとんど起伏のない、雪が深々と積もるような静かな世界を綴っています。
そして今、思うことは、「私」という男は古代の人と同じように、
ただ飯を食って、寝て、起きそして食べる、
他の動物とほぼ変わらないような生活してきたということです。
ひょっとしたら人の一生も煎じ詰めればこれに尽きるのではないか?

ここの農家の人々もごく普通の人間ですかから少しは遊び
(古儀⇒日常的な生活から別の世界に心身を開放してその中に身を浸すこと)を
していますが、彼はそれにも無関心だったのです。
いわんや金持になって美味しものを食べ、何でも手に入れられような人にも、
また偉い人になって人を指図するように人々にも、
「私」は全く関心をしめさなかったのです。
これが仏教で言う無私なのでしょうか?

この小説の文頭に、「未だ生を知らず 焉んぞ死を知らん」
という孔子の言葉が掲げられています。
勿論、どなたにもというわけにはまいりませんがお気にめされたらご一読ください。
スポンサーサイト

「業務連絡」

朝6時半、携帯の目覚まし時計にたたき起こされました。
で、家内の部屋をガラッと開け、サッシを揺るがすようなおおきないびきが聴こえるなか、
「おい!おいおい!」と声をかけよて起こすと
「何、なになに~?」と豚が豆鉄砲をくらったような顔して起きてきました。
「朝のゴミ出しに行ってくるけ~の」
「たのむけ~、黙って行ってくれる」
「ほいじゃが、一応業務連絡じゃ思ぉ~ての」
「そんなもんはいらん、結果報告もいらんけーね」と釘をさされました。
今朝の天気もさわやかで朝の空気がとても気持ちよい。
それにしても梅雨さんどこにしけこんでいるのでしょうね?

富士の白雪

今朝、家内が「久しぶりに富士山が見えるよ!」と寝ている私をおこしてくれました。
ほんと何日ぶりの富士山でしょうか?
雪をしっかりとかぶったその様を見て、ああ~と思わずつぶやきました。
で目を下にやると真下の体育館の脇にある桜も満開です。
更に図書館、善福寺川沿いの桜なども見事な薄紅色にそまっています。
しばらく眺めていると、やはり下の方から黄色いにぎやかな声が聴こえると思ったら、
近くの保育園の園児でしょうか、
淡いブルーの帽子が図書館裏の公園でミツバチの様にはねまわっています。
喜々として、みんな元気です!!!

帰りの新幹線の中で、家内がまた、「富士山が見えるよ!」と私の袖を引っ張ります。
娘のベランダから見るより大きくはっきり見える富士山はやはり白い帽子をかぶっています。
でもよく見ると稜線がところどころ黒い地肌が見えています。
あっ、これは31日アイスクリーム会社の人がそ
この雪を持て帰りアイスクリームにしたに違いないと思いました。
でもみんなが喜んだので富士山もきっと納得しているでしょうね(o^。^o)

阿品駅を降りると外は雨でした。
この一ヶ月のことを思ってか、家内もタクシーの中でも言葉少なでした。
子どもたちに良い春をすごさせてもらいました。
夢の一時は終わり、これから現実の世界にもどります。
でもこれまで通りことしかできませんがそれで良いと思っております。

実は私、今日が誕生日で、古希になります。
そして富士山と同じように頭に白いものがのっています。
でも富士山のように年とともに地肌見えるようになったらどうしましょうと危惧しています!
霊峰のように泰然とはとてもゆきませんが
まあ、のんびり、ゆっくりとやってゆくしかないでしょうね。

さて、最後になり恐縮でございますが、
誕生日お祝いのメッセージをたくさんの方々いただきました。
ほんとうにありがとうございます、 身に余る光栄でございます。
メッセージをいただいた方々にはこれからゆっくりをお礼をさせていただきます。
しばらく時間をくださいませ、ありがとうございました!!!!!!!

s_DSCF8239.jpg

アブラカタブラ

車で細い山道をえんえんと登ってゆきました。
途中で耳がおかしくなり生唾を飲み込むこと2、3度。
やっととのことで「おおの自然観察の森」に着きました。
でも車は一台も停まっていませんでした。

センターのおいさんに今草花で何か花をつけているものありませんかと問うと、
「ごらんの通りまだまだ草木は我慢しております、でもあともうすこしでしょうね」
と話してくださり、私をかわいそうに思われたのか小鳥の餌付けをしてくださいました。

s_DSCF6891.jpg

センターハウスの内側の柱影で待っていると来ました!!!
ヤマガラという小鳥だそうで、
昔縁日などで小籠から出てきておみくじを運んでいたあの鳥です。

s_DSCF6905.jpg

s_DSCF0136.jpg

このあと辺りを適当に散策するとなんと小雪ははらはらと舞ってきはじめました。
寒いはずですここは海抜400メートル、広さはマツダスタジアムの32杯分あるそうです。
この後、帰り道のついでに大野町の山里ものぞいてみました。
こちらは梅も咲きはじめ、里の春を待ちわびているようでした。
同じ廿日市市内ですが広いもんですね~

s_DSCF0100.jpg

s_DSCF0121.jpg

もう少し年寄りの話を聞いてくださいね。
この後は例によって家内から頼まれた買い物をどっさりと買って
ご帰還あそばしたとご想像ください。
でも、一番肝心な私のタバコを買うのを忘れていたのです。
ファミマで女子店員さんが「420円です!」とおっしゃるので、
まず千円札を出し、「20円もあるはずです、出してみせましょう、アブラカタブラ」
と小銭入れを取り出すと、その女子店員が突然大笑なさいました。
これはイカン、迷惑防止条例違反になるとやばいと思い夜道を急いで帰ったのであります。

わが母のおしえたまいしことば

言葉には話し言葉と書き言葉があります。
歴史的に見て、勿論話し言葉先にありました。
多くの人びとが文字によって自分の思うことを伝えはじめたのは近年のことであります。

医学博士・野口英世の母は使い慣れない文字で外国にいる息子に、
すべてひらがなで、「はやくきてくたされ」と3度も繰り返しす一通の手紙を送りました。
明治の世ですらこのような状態でした。
でも、野口英世はその母からいろいろなことばを教わり、
その世界を広めていったのです。

ここにことばに関する名著があります。
田中克彦著「ことばと国家」(岩波新書)であります。
「こどもが全身の力をつくして乳を吸いとると同時に、
かならず耳にし全身にしみとおるものは、またこの母のことばであった」
著者はこれを母語とよんでおられます。
(母国語は国がつくりあげたことば、いわゆる国語で、この母語とは全く違います)
だれしも母を選ぶことができないように、
生まれてくる子どもにはことばを選ぶ権利はないのです。

したがって、すべての母語は厳密にいえば皆違っております。
でもその地域の母語は概ねおなじでしょうが、他の地域とは異なり、
さらに民族によってはまるで違ってきます。
人類の歴史のうえではこうした状態が長く続いたことでしょう。

時代が下るとその地域を束ねる人がやがてあらわれてきます。
彼がやらなければならないことは沢山ありました。
時間、暦、尺度、貨幣など統一などですが、
何より急務はが文字を使ってのことばを統一することではなかったでしょうか。
一部のエリート層によって文字を書き、読む、
それを話し言葉でその内容を民衆に伝えるだけで十分だったのです。

この著書の中で、その特異な例として、
フランス語そしてユダヤ人のことばについて詳しくのべられています。
フランスという国はいわゆるフランス語の他に今でも
オック語、ブルトン語、アルザス語など多くの言語があるそうです。
しかし国内ではフランス語以外の授業がおこなわれることはほとんどないそうです。
また名前もナポレオン法典にで示されたわずか500余りの名前しか使えないそうです。

ユダヤ人に関しては流浪の民といわれるように、
彼らには固有の言語がほぼ失われてしまったのです。
イベリア半島のユダヤ人や中・東欧のユダヤ人(アシュケナージ)などは
その地域で生きゆくためそのことばに同化していかざるをえなかった。
つまり母語が時代、住む地域によって変わっていったのです。
ロシアに流れ着いたユダヤ人たちは言葉はレーニン、スターリンなどによって徹底的に無視されました。
そのユダヤ人たちが、英国、米国の画策によってイスラエルという国を与えられた時、
彼らがまず直面したのがことばの問題だったのです。
中・東欧のユダヤ人の話言葉のイディシュ語だけでなく、
世界から集まったユダヤ人のことばさまざまでした。
そこで統一言語として使われたのが聖書にあるヘブライ語です。
ヘブライ語は聖典にのみ使われる聖なることばで、
日常語として使われることばタブーとされていたのです。
そして今、ヘブライ語は母語になっているのでしょうか?

私はこの本を読むことによって、
ことばと文字がいかに時代、政治、社会によって変貌をとげるものかということを
目からウロコが落ちる思いで一気に読み上げました。
最後にこの言葉によって締めたいと思います。
『言語は差異しかつくらない。その差異を差別に転化させるのは、
いつも趣味の裁判官として君臨する作家、言語評論家、言語立法官としての文法家、
漢字業者あるいは文法的精神にこりかたまった言語学者、
さらに聞きかじりをおうむ返しにくり返す一部の新聞雑誌製作者等々である。』
プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード