時間どこにあるの?

昔、私の小学校時代の教科書にこんな内容の文章がありました。
ご同輩諸氏、ご記憶でしょうか?

お父さんが朝、急いで会社に行こうとして
「ああ、時間がない!」とさけびました。
それをはたで聞いていた子どもが
「おかあさん、時間どこにあるの?」
細かいシチュエーションは違っているかもしれません。
でも、「時間どこにあるの?」という言葉だけは間違いないと思います。

その子は好きなときに起きて、お腹がすいたらごはんをたべる。
母や近所の子と遊び、それに飽きたら昼寝をする
といった生活をしていたのでしょう。
彼には時間はあるようでないのです

さて、その時間ですが、哲学的、物理学的には深い考察があるでしょうが、
私がこれからお話しするのは、そんな難しい話ではありません。
午前9時、午後3時といった具体的な時間のことです。

私の会社では、秒単位の仕事をしています。
テレビ局で流すCMは15秒を基本にしており、
時に30秒、1分のCMも放送しております。
また、報道、制作部など番組スタッフは何時何分何秒と
決められた時間に放送に入り、確定時間で終わるという番組を
作り続けております。1秒のくるいも許されません。
「あ~、ちょっと待って」とはいかないのです。
必死になって放送の準備をし、オン・エアー中はわき目もふらず、
番組に集中します。
そして、「お疲れさん~」と言って放送が終わるのです。

これに似たことは他の会社でもほぼ同様でしょう。
この様に、さまざまな人が集まり、社会生活をしていくうえにおいて、
仕事の流れ、ものの流れをスムーズにするためには、
時間という取り決めが必要なのですね。


所で、1日はどうして、24時間なのでしょうか?
先日お話した、娘との交換日記の中で、
どちらが言い出したか定かではありませんが、
「1日が48時間あればいいのにね」と話しあったことを思い出しました。
そうすれば、もっと外で遊べるし、本もたっぷり読める。
私も原稿を書く時間もたっぷりとあり、子どもらと遊ぶこともできる。
寝る時間だってたっぷりとれる。
誰が24時間って決めたの?
そんな素朴な疑問を素朴に話し合ったことがありました。

逆に、昔、江戸時代まで、日本では1日を12にわけていました。
一単位が一時(いっとき)2時間だったのです。
時の流れがゆっくりしていたのかもしれません。
でも、この一時という時間単位は大変合理的な単位ではないでしょうか。
私たちの生活スタイルにマッチしているとおもいます。
今でも、映画や舞台、オペラ、そして結婚式、パーティ、宴会などは
だいたい一時(2時間)を基本にしているようです。
「アラビアのロレンス」の様に3時間半余りの映画だと、途中に休憩が入ります。
DVDの録画時間も2時間ですね。
おそらく、大人が一つ事に集中、我慢できる時間が
2時間(一時)ぐらいではないでしょうか?
どうも、そんな気がします、いかがでしょうか?
しかし、今さら、1日の12等分するような社会には戻れませんが…

多くの人が集まり、時代が進むにつれて、物事がスピーディーになり、
より時間が早く過ぎていくようになりました。
それにともなって時間管理が厳しくなってきたようです。

所で、映画の寅さんは腕時計を持っていたでしょうか?
時に農家や民家、商店などに居候し、気が向けばその家の手伝いをし、
その家の人々や近所の人々と下らない話をし、そしてまぜくりかえす。
彼には時間という観念が希薄だったのではないでしょうか。
だからある意味で強い。
そして、その土地の人々は「寅さんはいいな~」とため息をこぼすのです。

昔、バリ島へ旅行に行った時、ヨーロッパの人達でしょうか、
日がな一日、ホテルのプライベート・ビーチで素っ裸になり、
本を読んだり、昼寝したりしていました。
かたや私たちはガイドさんのタイムスケジュールにのっとり、
「はい、これからジャワ舞踊を観に行きますよ」
「ボロブドゥールに行きます」と連れまわされていました。
ヨーロッパの人々は本当のヴァカンスの過ごし方を
知っているのだなとその時感じ入りました。
仕事をするときは必至になって仕事をし、
はめをはずす時は時間を忘れてしっかり休む。
このめりはりができているのではないでしょうか。
あなた!本当のガス抜きできていますか?
旅行に行っても、時間ばかり気にしていませんか?

さて、このブログはこのガス抜きにもってこいのサイトだと思います。
このような、毒にも薬にもならない話をいろいろ書き綴っております。
気が向きましたら、時々覘いてみてやってください。
スポンサーサイト
プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード