花を愛する人

先日、久しぶりに広島市植物公園にカメラを持って出かけました。
昔、ディレクターをしていた頃、よくこの植物園に来ました。
当時、ローカル放送で月~金のベルト番組があり、
そのうち何曜日か担当させられていました。
毎週、ネタを考えては何とかこなしていたのですが、
やはりネタに困る時がありました。

DSC_0453_convert_20110624233935.jpg


その時、植物園の初代園長の唐沢先生、
2代目の橋本先生、3代目の石田先生に、
「先生!来週、何とか助けてください! 都合いかがです?」
と、突然難題をふりかけ、
「ありがとうございます。
  で、今時期に放送すると何がいいですかねー?」
「えっ!シンビジュウムの株分け? わかりました!
  それでは明日お伺いして、段取りを決めさせてください」
と、こんな調子でそれぞれの先生に無理ばかり言ってきました。
3人の先生が、お三方とも本当に優しい先生で、
やはり花を愛する人はこうなんだーと、いつも思っていました。

3代目の石田源次郎先生は私とほぼ同じ年なので、
すでに退官なさっているのかと入館所の方に確認すると、
何と、今でも園長をやっておられるとの事。
嬉しくなって、写真撮影どころではなく、早速、石田先生を訪ねました。
頭の方は少し薄くなっておられましたがあの柔和な微笑みは昔のまま。

お互いの近況報告の後、昔話に花が咲き、時の立つのも忘れていました。
石田源次郎先生はランの研究では日本でも有名な方で、
NHKの「趣味の園芸」という月刊誌にも幾度となく原稿を
書かれているのでご存じの方も多いかもしれません。
話を続けているうち、あ~、そうだった昔からこの先生の話し方は
気取らず、優しい声で話されていたこと思い出しました。
長時間お邪魔をしてはいけないので、
そこそこに切り上げ、写真撮影に向いました。

撮影は今回、ベゴニア館だけに絞りました。
ここのベゴニアは日本でも有数の種類と数を誇り、
鉢植だけでなく、天井からつるすタイプのベゴニアなど
赤や黄色、白などその美しきは格別です。
それでは、その中の何点かを御覧いただきましょう!

所で、ベゴニアの花の見分け方、ご存知ですか?
花だけ見るとバラやボタンなどに似たものがあり、
区別がつけにくいですよね。
でも、葉をよく見ますと、
葉が左右対称になっていないのが特徴だそうです。
(※大昔、先生に教えていただきました)

DSC_0383_convert_20110624234120.jpg

DSC_0406_convert_20110624234224.jpg

DSC_0384_convert_20110624234515.jpg

DSC_0417_convert_20110624234712.jpg

DSC_0389_convert_20110624234818.jpg

花を愛する人に悪い人はいないと言ったのは誰でしたっけ?
スポンサーサイト
プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード