マラソン・タイム、 54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3

今日、カー・ラジオ(広島FM)で面白い話を聴きました。
それを紹介しましょう。

オリンピックのマラソンで世界最長時間、
つまり最も遅い記録の保持者が日本人にいるというのである。
その人の名は金栗四三(かなぐり しそう)さん、そのタイムがなんと、
「54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3」。
54年と8ヶ月ですよ?!

熱心な箱根駅伝ファンの方なら、
「金栗四三」という名前はご承知かもしれません。
この駅伝の最優秀選手には金栗四三杯が贈られています。
日本の「マラソンの父」とも称されている方です。

では、「54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3」とはどういい事なのか。
1912年(明治45年)、スウェーデンのストックホルムオリンピック大会が開かれました。
実は、この時、日本人が初めてオリンピックに参加した記念すべき大会でもありました。

さて、マラソン当日、ストックホルムは40℃という記録的な猛暑で、
参加者68名中およそ半分が途中棄権したそうです。
金栗選手もコースをはずれ、途中の農家で、
お茶とお菓子をごちそうになっていたのです。
棄権を表示することなく、そのまま帰国してしまった。

そして、55年後の1967年(昭和42年)3月、
スウェーデンではストックホルムオリンピック開催55周年を
記念する式典をすることになった。
記念式典の開催に当たって当時の記録を調べていたオリンピック委員会が
金栗選手が「競技中に失踪し行方不明」として扱われていたことに気がついた。

そこで、スウェーデンは金栗選手を招き、記念式典でゴールさせることにしたのである。
懐かしいストックホルムへついた金栗選手は、
競技場をゆっくりとかみしめるように走り、ゴールテープを切りました。
「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、
これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」
と場内アナウンスされたそうです。
時に、金栗さん、76歳。

ゴール後のスピーチで金栗さんは
「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」
とコメントしました。

以上が、ラジオで紹介された内容です。
ただ、ウィキペディアで内容を補足しておりますがー

スウェーデンの人々って、粋ですねー。
いいですねー、こんなあたたかい話。
でも、こうしたことが行われた背景には、
金栗さんのそれまでのマラソン界への貢献があったればこそではないでしょうか。


スポンサーサイト
プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード