FC2ブログ

地下鉄と教育の森

昨日、荻窪から地下鉄に乗って茗荷谷駅にゆきました。
名前だけは聞いたことがありますがどんな街かさっぱりわかりません。
駅に着いてわかったことですが茗荷谷町という街はなく、
小日向(こひなた)、大塚、小石川といった街の中に駅名だけが残っているようです。
大昔この谷あいでミョウガが採れたからその名前がつけられたのでしょうか

s_DSCF8419.jpg

s_DSCF8428.jpg

s_DSCF8443.jpg

s_DSCF84331.jpg

駅周辺は起伏が多くその斜面に寄り添うようにマンションや家々が立ち並んでいます。
また近くには元日本教育大学(現、筑波大学)お茶の水女子大学など数多くの学校があります。
そして筑波大学附属小学校のそばに占春園という森があり多くの木々が鬱蒼としておりました。
しっかりと手入れされたこの森は附属小学校の野鳥観察の場として大切にされいるようです。
この森の先をゆくと山本周五郎「赤ひげ」で有名な小石川療養所のあった
小石川植物園に続くようで。この日は休みということなので、
涼しい占春園で何枚か写真におさめてみました。

ところで地下鉄大江戸線は荻窪から池袋まであるのですが
この電車は金魚の如く時々思い出したかように地上に顔を出します。
四ツ谷駅もそうですが後楽園駅もそうです。
後楽園駅周辺では高架橋の上を走ります、つまり人車が行き交う一般道の上を走るのです。
後楽園駅から茗荷谷駅まではトンネルでしょうか、一瞬暗くなりますが
茗荷谷駅は再びちゃんと地上に現れてきます。

東京の各町の上下関係つまり標高がつかみづらいですね。
多くの地図では平面的に街の位置関係を示しているのがほとんどですが
山岳地図の様に等高線による上下の位置関係表したものを見かけたことがありません。
これは多くの都市の地図にも同じことがいえるのではないでしょうか?
つまり大雨が来たとき標高の低い町に雨水が集まるということになるのです。

そういえば、地下鉄東西線も始発の三鷹駅ら中野駅までは地上を走っておりますが
中野を過ぎると地下に潜ってゆきます。。
ちなみに荻窪駅の標高はおよそ46メートルだそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード