おもしろい本は

ブックオフで買えば半額以下で買えるのにと思いながら、
スーパーの500円サービス券がでたので、
ついにスティーヴン・キングの「11/22/63」の上巻を買ってしまいました。
読み通せるのでしょうか?
だいぶ不安な気持ちはありますが高額投資した本です、
意地でも読み通さねばと言い聞かせています。

さて、最近本のことについて意識的にとりあげるのを控えていました。
でもこの際、最近読んだ本の感想をまとめてみました。
ちと長いですが参考にしていただければと思います。

○東野圭吾「毒笑小説」 「怪笑小説」(集英社文庫)
この小説家にこのような一面があるとは知りませんでした。
大変面白かった。

◎船戸与一「満州国演義」(全9巻)(新潮文庫)
膨大な資料をよくぞここまで調べ上げたと感服しています。
歴史の本筋を見通す力がすごい、戦後最大の歴史小説だと思います。

○和田竜「村上海賊の娘」全4冊(新潮文庫)
地元広島の話で大変興味深く読みました。
でも私的には「のぼうの城」の方が面白かった。
また、宗教というものの力強さと同時にこわさを知らされた。

○丸谷才一「腹を抱へる」「膝を打つ」 丸谷才一エッセイ傑作選 (文春文庫)
著者の随筆、対談集をまとめたもの。
この人の博覧強記には恐れ入った。

○伊坂幸太郎「死神の浮力」 (文春文庫)
前作「死神の精度」の中身は全く覚えていないが、こちらは長編小説。
ユーモアと緊張感は「ゴールデンスランバー」の方がよかったようなきがする。

○葉室麟「潮鳴り」 (祥伝社文庫)
羽根藩シリーズ第2弾、第1作「蜩ノ記」の方が良かったかな?
でも硬質な文章は嫌いではない。

○ドナルド・E・ウェストレイク「我輩はカモである」(ハヤカワ文庫)
本箱の隅から引っ張り出して読んだ本、古本だけど色あせてないのがさすがです。
ユーモアたっぷりの洒落た文章、いいですね~

○ピーター・ラヴゼイ「キーストン警官」(ハヤカワミステリー文庫)
あのバスター・キートンをモデルにした(?)、サイレント映画時代の物語。
舞台設定が奇抜で、それでいて当時の映画作りの様子がわかるという
コメディタッチの推理小説。

○アーナルデュル・インドリダソン「緑衣の女」(創元推理文庫)
なんとアイスランドの推理小説作家。同国では姓名が無いとのこと!!!
少し暗いけど、その国の様子がわかり、とても面白かった。

○ギャビン・ライアル「裏切りの国」(ハヤカワ文庫)
あの「深夜プラス1」は余りにも有名ですが、これも一気に読めた。
アリステア・マクリーンのように彼の作品には裏切り者がよくでてきますが
拳銃や車、飛行機などの造形の深さはマクリーンを凌ぐとのこと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード