読書は楽しい!!!

寒くて外に出るもの億劫なので本を読んで過ごしました。
そこで最近読んだ本の感想を書いてみました。

☆☆☆吉村昭「私の引出し」 (文春文庫)
吉村昭の随筆。長編小説を書き上げるまでの経緯、
そして身近でおきた出来事、食べ物の話などが書かれている。
彼が小説を書き上げる場合、現地に赴き、現場に居合わせた人びとの話を聞いて
ドキュメント風の小説を書き上げたそうです。
その真摯な態度に心うたれます。
その他の随筆でも簡潔で大変読みやすい、いい作家でした。

☆☆☆宮部みゆき「桜ほうさら」(上、下) (PHP文芸文庫)
彼女のオカルト風の作品は好きになれないが時代小説は安心して読める。
田舎の小藩の武士が江戸に出てきて、長屋住まい。
やっとうの方はまるでダメ、本が命の浪人が町の人々に支えられながら生きてゆきます。
まさに宮部ワールドです!!!

☆☆伊坂幸太郎「首折り男のための協奏曲」 (新潮文庫)
私のような年寄りが言うのもおこがましいですが、
最近の伊坂幸太郎の本を読んでいると、綿100番手ワイシャツが80番手のものになったような、
つまり目の粗いシャツが多いのような気がするのですが思い過ごしでしょうか?

☆☆☆若竹七海「静かな炎天」 (文春文庫)
恥ずかしながら名前を聞くのも初めてなのですが、
「このミステリーがすごい!」で2位にランクされ、文庫本なので思い切って買いました。
結果大正解でした!!!文章はハードボイルド風で小刻みで心地よい。
短編集ですが、どれも粒ぞろい。
この本のタイトルにもなっている「静かな炎天」は秀逸です、あっと驚きます!!!
で、気に入ったパラフレーズを紹介しましょう。

「役人め、場のイニシャティブを握られずにはいられず、機転を利かせることよりも
ミスや漏れのないことを優先する、仕事が遅い生き物よ。」

何かチャンドラーや原 尞みたいでいいですね~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード