食って、寝て、起きそして食べる

森敦(1912-1989)の『月山』は1974年に第70回芥川賞を受賞した作品で、
森は62歳、黒田夏子が75歳で受賞するまでは最年長記録だったそうです。
この度文春文庫で新装版が出たので手にとってみました。
そして驚愕で身が震えるほど感動しました。

月山の麓にある古ぼけたお寺に一冬居候することになった「私」。
本を読むでもなく、絵を描くでもない私は、
寺の仕事手伝うでもなく雪深い農家をただぶらりとし、農家の人々の話を聞く。
「私」がやったことといえば、お寺の隙間風を防ぐため
お寺にあった古い古い祈祷帖の和紙で蚊帳をつくっただけ。
あとは寺男のじいさまがつくった大根だけ入った味噌汁とご飯を食べ、
毎日まいにちぼぉ~と過ごしていたのです。
それでもこの小さな農家ではいろいろなことがおきますが
「私」は何をするでもなく、それらをじぃ~と見聞きしているのです。
そして春、友人が来たのでお寺を去ることを決意します。
別れにあたって寺にじいさまは手弁当と手作り割り箸を差し出し、
紐で結んだ眼鏡を外して涙するのでした。

この作品はこれまでの小説とは全く異質ので、
ほとんど起伏のない、雪が深々と積もるような静かな世界を綴っています。
そして今、思うことは、「私」という男は古代の人と同じように、
ただ飯を食って、寝て、起きそして食べる、
他の動物とほぼ変わらないような生活してきたということです。
ひょっとしたら人の一生も煎じ詰めればこれに尽きるのではないか?

ここの農家の人々もごく普通の人間ですかから少しは遊び
(古儀⇒日常的な生活から別の世界に心身を開放してその中に身を浸すこと)を
していますが、彼はそれにも無関心だったのです。
いわんや金持になって美味しものを食べ、何でも手に入れられような人にも、
また偉い人になって人を指図するように人々にも、
「私」は全く関心をしめさなかったのです。
これが仏教で言う無私なのでしょうか?

この小説の文頭に、「未だ生を知らず 焉んぞ死を知らん」
という孔子の言葉が掲げられています。
勿論、どなたにもというわけにはまいりませんがお気にめされたらご一読ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード