FC2ブログ

読み漁った本たち

東京に来ておよそ3ヶ月、ずいぶん沢山の本を読むことができました。
荻窪、阿佐ヶ谷、神田、吉祥寺等々、古本屋を漁りまくりました。
で、次のような本が特に気に入り寝る間も惜しんで読み通しました。

吉村昭  「関東大震災」 (文春文庫)
飯嶋和一 「出星前夜」(小学館)
       「雷電本紀」 (小学館文庫)
   「神無き月十番目の夜」 (小学館文庫)
   「黄金旅風」 (小学館文庫)
更科功  「絶滅の人類史―なぜ「私たち」が生き延びたのか」 (NHK出版新書)
小松重男 「蚤とり侍」 (光文社文庫)
大野晋   「日本の詩歌――その骨組みと素肌」 (岩波文庫)
    「詩の日本語」 (中公文庫)
宮城谷昌光 「天空の舟」小説 伊尹伝(文春文庫)
    「重耳」(講談社文庫)
    「子産」(講談社文庫)
    「王家の風日」 (文春文庫)
    「沈黙の王」 (文春文庫)
丸谷才一 「袖のボタン」 (朝日文庫)
吉川幸次郎「中国詩人選集二集〈第1巻〉」宋詩概説(岩波書店)
石川淳  「夷齋小識」 (中公文庫)
「ロバート・キャパ写真集」 (岩波文庫)

特に飯嶋和一の作品は日本の歴史小説になるでしょうか、
でもこれら作品の主人公は教科書に出てくるような人、英雄などではなく
一筋芯の通った人たちばかりです。
目線が常に庶民に向けられているのが素晴らしいですね~
また、宮城谷昌光の作品は中国の古代の歴史小説です。
文字(漢字)、青銅器の刀、兵車、弓矢などの歴史がわかりとても興味深かった。
「春秋左氏伝」に出てけ来るような難し漢語が次々と出てきてちと苦労しますが、
主人公の生き方にこれも一筋芯が通っており、読後さわやかさをあたえてくれます。

この他にも、まだ珍しい古本を数冊買い込んでおりますが、
さて、この読み終わった本をどうしようかと迷っています。
このまま置いておくと娘に大目玉くいそうなので
後日宅配便でまとめて廿日市に送ることになりそうです(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード