FC2ブログ

生演奏

昨夜は友人に誘われてコンサートにゆきました。
旧称広島厚生年金会館でおこのなわれたこの演奏会では
あのエリアフ・インバル指揮、ベルリン・コンツェルトハウスO.
アリス=紗良・オットという若いピアニストという面々でおこなわれました。

最初の曲はモーツァルトのピアノ協奏曲第21番で、
あの第2楽章のアンダンテでは優しいピアノタッチが
夢見るような気持ちにさせてくれました。
いいピアニストですね!!!

そして2曲目がマーラーの交響曲第5番です。
チェロが8本、ハープなどが加わり、演奏者は一気に倍以上に増えました。
まず冒頭でトランペットが荘厳に葬送行進曲の幕開けを告げると
やがて耳を聾するばかりの音が会場いっぱいに響き渡りました。
これには思わず手を握りしめました。
よくよく考えてみると普段家で聴く場合このような大音量で聴ことはありません。
そんな事すれば、腰の悪い家内が我を忘れて階下から飛び込んでき
「あんた、何考えてるの!!!」と怒鳴られることは必定です。
こうして誰はばかること無く大きな音で聴けるというのは
なかなか得難いことなんだなぁ~、これが演奏会の醍醐味なんだなと
一人で勝手に納得しながら音の流れに身を委ねていました。

そして何楽章でしたか、8本のチェロだけが朗々と歌い上げ
次の奏者につないでゆく所がありました。
普段ぼぉっと聴いている私はあれ!こんなパートがあったっけと驚き且つ感動しました。
実は昔、これに似た経験がありました。
ベートーヴェンの「英雄」の演奏会でヴァイオリン、ヴィオラ、チェロと橋渡しをしてゆくのです。
モノラルのレコードではわかりにくいなと思った記憶があります。
演奏会場に足を運ぶ意義の一つがここにもあるかもしれません。
いくら豪華なステレオ装置といえども生の音には到底かないません。
久しぶりに心地よい素晴らしい体験をさせていただきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード