FC2ブログ

バウムクーヘン

先程テレビを観ていたらバームクーヘンの話をやっていました。
何より驚いたのが、バームクーヘンとバウムクーヘンの違いです。

国立ドイツ菓子協会が設定したバウムクーヘンの規格では
「原料の比率は、小麦粉1:バター1:砂糖1:卵2」でなければならない。
「バター以外の油脂は使わない」「バウムクーヘン専用の開放型オーブンの芯に生地を巻き付け、
1分半~2分で1回転の速度で回しながら、1層1層重ね焼きする」等々
といった伝統的な方法でつくられるお菓子のみ「バウムクーヘン」と名乗れるのだそうです。
それ以外の方法で作られているのがバームクーヘンと呼ばれています。

またこのテレビは言っていませんでしたが、
日本に初めて紹介した人は、第一次世界大戦による敗戦国の捕虜として来日した
ドイツ人の菓子職人カール・ユーハイムさんで、
(その技術を継承したのが神戸市に本社のある「ユーハイム」)
彼は1919年(大正8年)3月4日に広島物産陳列館(後の原爆ドーム)で
開催されたドイツ作品展示即売会において販売されたのが最初だそうです。
このことを記念して、毎年3月4日は「バウムクーヘンの日」と決められていようです。

樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たドイツのケーキは
小麦粉とバターと砂糖と卵という素朴な味わいあり、
しっかりとした歯ごたえもなかなかよい。
これが今も皆さんに愛されている理由なのかもしれません。
あっ、そうそう本物のバウムクーヘンには無糖のダージリンティーが一番あうそうです、
どうぞお試しくださいませ!!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード