FC2ブログ

貧乏であること

貧乏であることを人には話したくない、知られたくない。
人ってそんなもんじゃないでしょうか?

私の大学時代、我が家の家計は大変な状況にありました。
父はすでに市役所を退官し、金銭に疎い父は年金生活を謳歌していました。
しかし弟は私立の高校生、私は受験期でありました。
国立大学受験に失敗した私は当時国立大学並に受験料、学費の安い
京都の私立の総合大学を選びました。
学問を究めるなんて気持ちは毛頭なく、給料の良い企業に入り、
家庭の支えに何とかなればという気持ちがあったのではないかと記憶しています。
現役時、その大学の数学科に合格したのですが、
父に「そんな学科ではメシが食えんど」と言われ、
翌年同じ大学の経済学部に入り直したという変な学園生活スタートをきりました。

先年、京都で同じゼミの仲間が何十年ぶりかに再会することができました。
その席上である友達が、「こいつがな、あの学園紛争の時、ある教室の机の上で寝とったんだわ、
その時のこいつのお腹はペコンとひっこんで、肋骨が異様に大きかったのをよう覚えとる!」
と昔話を披露しました。
その当時、月々の生活費は確か2万円から1万円?
その仕送りも滞りがちでインスタントラーメンを送ってきてくれたこともしばしばでした。
あまりにも金がないので奈良に住んでいる姉の所に一時期居候したこともあります。

友達にすすめられて奨学金を受けるための資格審査に臨みました。
私の窮状を聞いた担当の教授は、家族全員はどうやって生活しているのか?
お金はどこから捻出しているか? そんな話は信じられない、と話は打ち切られました。
最後に思わず泪がポロリこぼれたのを覚えています。
「悪いがやはり信じられない!」
私自身、今にしても母がどのような算段でお金を工面したのかわかりません。
いつか聞こうと思いながらそのまま時が過ぎ去ってしまいました。

それからでしょうか、私はアルバイトに専念することに決めたのは。
ゼミと語学など単位の必要な科目の時だけ出席し、
京友禅のアイロン掛け、食堂の食器洗い、喫茶店のウェイター、
とにかく時間単価の高額なバイトを探しまくり働き働きまくりました。
最後の1年はホテルにある京都老舗の料亭のバイトをしました。
ここでは食事付きだったのからです。

そんなアルバイト生活に明け暮れていた頃、
バイトで買った安いモジュラータイプのステレオで、
一念発起して買ったレコードをある夜、聴くとはなしに聴いていました。
忘れもしません、ブラームスの弦楽六重奏曲第1番で
ウィーン・コンツェルンSQらの演奏によるモノラルレコードでした。
本を読んでいるうち、わけもなく涙がポトリ、ポトリと止めどなく落ちてきました。
第1楽章の甘くせつないあのメロディが私の気持ちのハリの臨界線を超えさせたのでしょう。
声をおしころし、しばらく泣くにまかせました。
(不思議な事ですが社会人となり、そこそこの生活を送っていたある時、
このレコードを聴いてみたのですがあの感動というか、
ああした状況には程遠い自分があるだけでした。)

私が大学を卒業できたのは、学園紛争のおかげです。
全て試験はなく、論文提出だけでよかったのです。
同じゼミにいたガールフレンドにノートと提出文を借りて、
リードと結論をちょこちょこ変更することでなんとかパスできたました。

就活時、まず広島市役所に合格し、ついで広島のテレビ局の合格することができました。
その時おやじに「どっちがええ?」と聞くと
「そりゃ、広テレの方がええよ、給料がぜんぜん違う」と言ったので
テレビ局に入社することにしました。
その時父は私の性格からして役所努めは難しいだろうと判断したのかもしれません。
社会人となった私を待っていたのは滞っていた家のローンと弟の大学の学費の供出でした。
でも右肩上がりの時代おかげで、何とか乗り越え今日に至っております。
金持ちは三代までは続くが貧乏は末代まで続くとは昔のことわざらしいですが、
でもほんとうのような気がしております(⌒-⌒;)

私よりもっともっと悲惨な状況にある方がたくさんおられるのは百も承知で書いております。
何を甘ちょろいことをおっしゃる方もおられるでしょう。
満面の笑みをたたえながら楽しそうに歌っているサッチモ、
長い永い獄中にありながら明るいその国の未来のためにたたかったネルソン・マンデラ、
彼らの苦しみ比べたら、笑い話にもならないでしょう。
でも、「Nobody Knows de Trouble I`ve seen 誰も知らない私の悩み」
その渦中にあるその人にとってはやはり、胸をえぐられるほどのつきぬ悩みはあるのです。
ただ誰も知らない、知られたくないだけなのかもしれません。
あまつさえ、貧乏であることを人には話したくない、知られたくないのです。

実はこの元の原稿は何年も前から書いては消し、書き直ししながら密かに持っていたものです。
母と同じように自分史に1頁くわえればと思っております。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード