FC2ブログ

「女流歌人」

このところ冷え込みが厳しいので家で本を読み、
好きな曲を寄せ集めCD化するなどちと怠惰な日々をおくっています。
そんな中、先日スーパーで500円のサービス券が出たので
本屋をのぞき一冊の新書判を入手しました。
『大岡信「折々のうた」選~俳句①』(長谷川櫂 編 岩波新書)という本です。
この「折々のうた」は大岡信が万葉集から現代詩、さらに子ども作品まで、
彼の半生をかけて新聞のコラム欄に上梓してきたものだそうです。
その詩歌の数は6762篇にも及び、万葉集をしのぐ膨大なアンソロジーです。

所で、現存する世界最古の詩集は
BC.3000年頃のシュメール地方で歌われた『ギルガメシュ叙事詩』ですが、
東洋では孔子が編纂したと伝えられる中国最古の詩集『詩経』(311編)があり、
日本では4516首で構成されている万葉集があります。
この東洋の2大歌集では宮廷など歌われた歌から庶民の歌まで、
しかも男女の歌までも収められています。
面白いことに、中国では『詩経』以後、女性の歌が表に出てくることはほとんどありません。
しかしながら、日本では小野小町や和泉式部など多くの女流歌人が歌を詠み一角をなしています。

さて、この本はまず俳句の始め頃から中期まで収められています。
で、その中に田 捨女、加賀 千代女どれに田上 菊舎らの作品がとりあげられています。
田 捨女はあの有名な句「雪の朝 二の字二の字の下駄のあと」が紹介されています。
加賀千代女は「朝顔につるべとられて貰ひ水」で有名ですが、
「春雨や土の笑ひも野に余り」という名句を初めて知りました。
更に、田上菊舎とい女流歌人の名前を恥ずかしながら初めて知りました。
長州藩士の娘で、若くして寡婦になり出家。書、画、琴などをよくし、
諸国を巡歴し多くの俳家、文人と交わったそうです。
その中で「解けてゆくものみな青し春の雪」という句が気に入りました。

この『大岡信「折々のうた」選』シリーズは短歌、詩篇など全5冊まで発刊予定だそうです。
これは楽しみなことがまた一つふえました!!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード