モーツァルトはいかが?

この所、毎日のように、時間をみつけてはLPレコードから
パソコンのハードディスクに音を落としています。
そうした中で、今日はとびっきりハッピーになれる曲に再会しました。
モーツァルトの「フルートとハープのための協奏曲」という名曲です。
有名な曲なので、どこかで一度は耳にされたことがあるかもしれません。

彼22歳の頃、ある貴族から、その令嬢の結婚式のための曲を依頼され、作ったそうです。
令嬢はハープが出来るというので、
フルートとハープという珍しい取り合わせで作曲されています。
何という華やかで、軽やかで優雅な曲でしょう。
それに美しいメロディーが次から次へとあふれでてくる。
少なくとも、この曲を聴いている間、とてもパッピーな気持ちにさせてくれます。

この曲には、ランパル、ゴールウェイといった名フルーティストのレコードがありますが、
私はグラーフというスイス生まれのフルーティストのレコードが一番好みにあっております。
先の二人のような輝かしさはありませんが、
しっとりし、ほんとうの意味での木管楽器のよう音色です。
でも、それでいて、あのさわやかな音色は忘れがたいものがあります。

レコードのデジタル化はまだ緒についたばかりですが、これが全て終われば、
この大量のレコードを何処かの音楽学校に寄贈しようと思っております。
生徒中に誰か一人でも、彼グラーフの音色に魅せられ
一層の励みになるのではないかと期待しつつー
更に、これまた大量にあるCD、DVDも、若い方々役立っていただけるよう、
パソコンに全て取り込み、それらも提供させていただければと思っております。
音楽という素晴らしい人類共通言語をより多くの人々に体感していただきたい、
そんなことを思いながら、今、こうして、しこしことダビング作業に没頭しております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード