子ども

以前、私のこのブログで、「子供」と書いていた所、ある読者から注意を受けました。
『「子供」は親のお供ではありません、
わが社では、「子ども」に全て統一しています』と、
その方は私の友人で、中国新聞におられる女性の方だ
ということは容易に想像出来ました。

確かに、その通りで、お供どころか、「宝」ですものね。
親にとっても宝であると同時に、社会にとってもそうです。
未来を担うかけがいのない、人格をもった一人の人間です。

さて、この度、我が家の子どもたちからのラブコールにより、
(※この度の件、家内の仕掛けがかなり左右していると私はにらんでいますがー)
来週から一週間、東京に行くことになりました。

でも、子どもらがどのような生活をしているのか、
敵情視察には頃合いかなとも思っています。
私個人としては、神田の古本屋街にもう一度覗いてみたいという、
邪心もなきにしもあらずですがー

昔、テレビで、90過ぎのお婆ちゃんが、
「この子はね~」と隣に座っている70歳ぐらいのお婆ちゃんをさして話されていました。
そして、周りの人々から、どっと笑い声があがったのを覚えています。
親子ともにいくら年をとっても、親は親、子どもは子どもなんですねー
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード