とうふ

我が家の豆腐はファミリーマートの88円の木綿豆腐が今、定番です。
適度に硬みがあって、美味しいのです。
しかり水をきり、ネギや鰹節を薬味に醤油でそのままいただいております。
これから寒くなると、湯豆腐にして味噌ダレでいただくこともあります。
二人で一丁あれば充分です。
IMG_1721_convert_20131022204129.jpg

学生時代、お寺の離れ(物置小屋)に住んでいた頃、
その寺の前が豆腐屋さんでした。
店のおかみさんが冷たい水槽の中から豆腐一丁を取り出し、
ザルにうつしてくれたのを思い出します。
貧乏学生には安くて、栄養があり、腹一杯になる。
これに優る食材はありませんでした。

所で、豆腐は植物性蛋白質が豊富で、カロリーは比較的低いため、
健康的な食品として今や世界中で人気のある食材です。
私がその学生時代、そう40年以上昔の話ですが、
京都グランドホテルの地下に「たん熊」という超高級料亭の出店があり、
そこでアルバイトをしたことがあります。

外人観光客も多く、寿司はもとより、すき焼きが大人気でした。
そのすき焼きの食材を卓に運んだ時、ほとんどの外国人客が
「この白いものは何か?」「このくねくねとした灰色の物は何か?」
尋ねてきました。「ディス・イズ・トーフ。ダット・イズ・コンニャク」
と答えるのですが、わかるはずありません。
そこで、お店のカンペをもとにつたない英語で説明しますと、
大豆(soybean)は何となくわかったようですが、
こんにゃくは全くわからなかったようです。

で、食べ終わった後、食器などを引き下げにいくと、
とうふとこんにゃくだけがきれいに残っていたということがしばしばありました。
「このー、豆腐の角に頭をぶつけて死ね」とぼやいてもしかたありません。
外国に行った時、見ず知らずの食材を目の前にしたら、
私でもそうなるだろうなと今にして思っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード