電話とざるそばとチューインガムと

朝。電話の音に起こされました。
家内が階下で、誰かと話ししています。
私は眠たいので、そのまま布団に入りました。

でも、この電話でふと、昔の頃を思い出しました。
母と一緒に、福屋百貨店に行った時のことです。
母が公衆電話で何やら話ししています。
と、「はい、おとうさんよー」と大きな受話器を手渡してくれました。
そっと、耳に当てると、向こうから父らしき声が聞こえてきました。
父は何かしきりに私に話しかけてきますが、私は電話機というものが
初めてだったのでおそらく一言もしゃべれなかったのだと思います。
笑いながら母が受話器を取り上げ、
一言、二言喋って電話機に置いたのを覚えています。
小学校に上る前のことだと思います。
当時、我が家はもとより隣近所に電話機なんてなかった時代です。
その日はおそらく半ドン(土曜日の午後は休み)の日だったのでしょう、
市役所に務めていた父と待ち合わせていたのではないかと、今想像しています。

話は相前後しますが、その福屋の食堂で食事をした時のことです。
店の前に、並べてあるいろいろ御馳走を前に、
私はなるべく量のたくさんあるのをと目を凝らし、やがてあるものを探し出しました。
「ざるそば」です。大きな箱の上にあふれるようにそばがもってあります。
私は「これっ!」ときっと大声をあげたのだと思います。
「これで、いいのか?」「うん、これがいい!」
で、持って来られたその料理に箸をつけた途端、
なんとすく下に竹状のものがあるではありませんか。
わたしががっかりして、何か口走ったのでしょう、
父が珍しく大声で笑ったのを覚えています。

昔の頃のことが、次から次へと頭に浮かびます。
それを書きとめます、こらえてくださいー

私は少し離れた所にあった幼稚園に行かされたことがあります。
近所の友だちは家で遊んでいるのに、私だけが通わされたのです。
本当にさみしかった。
ある日、何かのことで同じ園児と喧嘩したのでしょう。
先生が校庭に丸い円を書き、
「よしと言うまで、あなたはここから出てはいけません」
と言われました。
相手の園児がどうなったのかわかりませんが、
私一人が校庭にいつまでもポツリと立ったままでした。
泣いていたのかどうかも記憶にありません。
ただ、こんな所に来るのはもう嫌だと母にぐずったことだけは記憶にあり、
以後、はれて自由の身になったことだけは確かです。

すみません、もう一つだけー
やはり戦後間もない頃のことです、周り近所に電話機がないのと同様に、
自動車というものもほとんどありませんでした。
広島市の北はずれ、今では立派な住宅街になっていますが大芝町辺りのことです。
当時、自転車に乗ったおじさんが
アイスキャンデーを売りに来るのが楽しみ頃でした。
甘いものに飢えていたのです。

そんな時代に、ボディの横が帯状の茶色がかった大きな乗用車が定期的に、
近所のある家に乗り付けて来ていました。
近所の友だちは目ざとくそれを見つけ、ざぁーとかけより、
「ギブミー・チョコレート! チューインガム!」と言っていました。
私も後ろについて、同じようなことを言ったのだと思います。
で、ある時、大きな、大きな外人さんが、
緑色と白の紙にくるんであったガムを1枚くれました。
私はみんながするのを見よう見まねで、口の中にほうりこみ、
むしゃむしゃと噛みはじめました。
それはこれまで食べたことがないような、甘さで、とても美味しかったー
しかし、しばらく噛んでいるとだんだん甘くなくなって、終にはペッと吐き捨てました。
これも後になってわかったことですが、
この米兵達はこの被爆者を比治山にある「ABCC」という研究施設に
連れて行き被曝者の調査・治療にあたっていたのです。

このように、私の幼年時代は、目にするもの、口にするものすべてが、
すべて目新しく、楽しいことの連続でした。
こうして龍之少年は少しずつ、少しずつ大きくなっていたのです。
しかし、今でも、私は電話で長話をするのが苦手なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード