楽譜

やっと見つけました。ラヴェルの「ボレロ」の楽譜です。
東京に行った際、楽器店で見つけてはいたのですが、
譜面台に乗せれるような大判でしかも値段のびっくりするほど高かったので
二の足を踏んでいました。
それが、この度B5サイズ位の小型で、1000円だったので思い切って買いました。

ご存知のように、♪タン・タタタ・タン・タタタ・タン・タン
 タン・タタタ・タン・タタタ・タタタタタタ
というリズムのもと、2つの単純なメロディが繰り返し演奏されているのに
少しも飽きがこないどころか、次第、次第に盛り上がっていく素晴らしい曲です。
私は、常々どうしてこんな事になっていくのか不思議に思っており、
その仕掛けを見たくて、楽譜を手に入れた次第です。
今、50年前に録音されたクリュイタンスのレコードを聴きながら、
必死に格闘している所です(笑)

所で、昔、トスカニーニという名指揮者がいましたが、
彼はほとんどの曲をすべて暗譜していたそうです。
つまり、譜面を見なくても、楽譜が頭の中に入っているのです。
ある人が意地悪で、あるオペラのパートを楽譜に書いてくれと言われた時、
彼はそのパートを寸分違わず書いたという有名なエピソードあります。

あの小澤征爾もそうです、広島でブリテンの「戦争レクイエム」という
長く、難しい曲を譜面なしで指揮しておりました。
たまたま、息子が広島少年合唱隊にいたもので、あの世界のオザワと
一緒に演奏する機会を得、懸命に声を張り上げていました。
練習の時なんぞ、合唱隊が歌うところで、あのマエストロも一緒に歌いはじめました。
譜面もないのに~
世界には時として、こんなとんでもない方がおられるものです。
演奏を聴きながら譜面を一生懸命追う私とは、ラヴェルが、いやレベルが違います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード