親子

昔から、苦髪楽爪という言葉があります。
床屋には月に一度ですむのですが、爪の方はあっという間に伸びてしまいます。
それに先天的に爪が弱いのか、つま先がよく割れてしまいます。
先日、娘が帰ってきた時にその話をすると、彼女も同様なことを言っていました。
親子って、似なくてもいい所がよく似ています(笑)
特に冬場、お肌が乾燥している時にこれをやっちゃうと、
衣服にひっかかりとても嫌な思いをします。

それで、以前にもやったことあるのですが、透明なマニキュアを今塗っております。
「大の男が~」と白い目で見られそうですが、娘に言わせると、
「じいさんの手先なんぞ、誰も見わしなよー」となぐさめてくれます。
この荒れた爪の手入れに、資生堂の「爪やすり」(?)は欠かせません。
もう何十年も愛用しており、私の常時携帯品でもあります。
以前は2本あったのですが、娘にひとつ持って帰られました。

IMG_1761_convert_20140113084519.jpg


実は、私にはもう一つキザに見られがちなものとして、指輪があります。
これはオヤジの形見で、彼は左手の薬指にしていたのですが、
私には右手の小指にしか入りません。
でも無くすと大変なので、風呂に入る時と寝る時以外は
はずさないように気をつけています。

そして、この13日がオヤジの命日になります。
心筋梗塞であっという間に亡くなり、今年で40年目なります。
父は左手に巻紙、右手に筆をもって、さらさらと手紙を書く能筆家でありました。
方や、私はつとに知られた悪筆家、
似て欲しい所が似ず、似て欲しくない所が似る、親子って変なものですね。
父が他界したのが、今の私と同じ歳の67歳です。
これからは父よりも長生き出来る、これが彼に対する私の唯一の自慢でもあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード