七夕

♪雨がふります 雨がふる~
ほんと、よく振りますね。
DSCF5338+-+コピー_convert_20140707083156

今宵の七夕、星一つない絶好の七夕の夜になりそうです。
ではどうして、星が見えないのに何故に絶好の時なのですかって?
それは、おりひめ様とひこぼし様の、年に一度の「おうせ」の夜です。
せっかくのことですから、人目も気にせず、
ゆっくりと会っていただければいいのではないでしょうか?

で、こんな日には「ぼた餅」を供えたらどうでしょ!
だって、たなばた、たなぼた、棚からぼた餅、(⌒-⌒;)

所で、ぼた餅は「牡丹餅」からきており、実は春に召し上がるもの、
秋の彼岸にいただくのは「おはぎ」、「御萩」の意です。
ご存知のように中身は全く同じです。
では、夏はと冬は何というのでしょうか?
調べました。

夏は「夜舟」、冬は「北窓」というそうです。(これ、本当です!)
なぜか? つまり、こうです。
「ぼた餅」などはお正月用のお餅と違って、
杵と臼でペタンコ、ペタンコとつきません。
もち米をぎゅっと握る、これを「半殺し(ハンゴロシ)」と言います。
つまり、音がしないのです。

そこで、夏の夜、手こぎの小舟が裏木戸に着いても音がしないので「夜舟」。
また、寒い冬空、北側の窓から月を見ることは出来ない。
「月を知らない」→「つく音を知らない」となるわけです。
日本人って優雅ですね~

では、話を元に戻して、夏の七夕に何故にぼた餅なのか???
いい加減なことを言うと、それこそ「半殺し」の目にあいそうですが、
言い出しっぺの本人も、少々困りはて、餅を焼いて、否、手を焼いております。
餅は餅屋でご存知の方、「夜舟」で来ていただき、そおっと教えて下さい!

それにしても、餅屋さん、お菓子屋さんでは、
今時、このぼた餅をなんと表示して売っているのでしょうか?
ひょっとして、秋まではぼた餅で通すとか???

長雨で少々うんざりしている方にと思い、申し上しました。

※おりひめの「ひめ」は日の女(め)から、
ひこぼしの「ひこ」は日の「子」からきているそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード