台風一過

台風一過、日の出がきれいなのでカメラを持って走りました。

ほんの一瞬でしたが、おひさまが顔を出してくれました。
で、いつもの定点に移動するころにはもう姿がありませんでした。
今日の瀬戸の海はほんとうに穏やかでした。
シャツにカーディガンといういでたちで望みましたが、
風もなく、とても爽やかでした。

DSCF6237.jpg

DSCF6253.jpg

この台風が過ぎると本格的な秋になるのでしょうか。
そこで、吸いたいタバコを我慢して歳時記を調べまくりました。
小耳をおかしください。

先ほど使った、「爽やか」、
「スカっと爽やかコカ・コーラ」の「爽やか」は
本来、秋の明るく澄んだ快適な時候に使われる言葉で、俳句では秋の言葉だそうです。
でも、今では季節感もなくなり、「爽やかな好青年」といった使い方もありますね。
秋にはこの他、「身に入(し)む」、「肌寒い」といった言葉があります。
また、冬は「冴(さ)ゆる」「凍(し)む」、春は「暖か」「麗(うらら)か」、
夏は「涼しい」「炎ゆる」と言った言葉が季語としてあります。

また、「霧」は秋で、春は「霞(かすみ)」と俳句では区別されています。
でも、気象用語では全て霧に統一されているとか。

さて、これから紅葉シーズンですが、俳句ではこれを「山装う」といい、
冬は「山眠る」、春は「山笑う」、夏は「山滴(したた)る」といった表現もあります。

また、「水澄む」は秋で、春は「水温(ぬる)む」。
冬は「水烟(けむ)る」という言葉があるそうです。
これは厳寒に水温が外気の温度より高い時、水蒸気を立てるさまをいうとのこと。

では、夏は? これがいくら季語集を探しても見つかりません。
でも「水虫」という言葉が見つかりました。
これは夏ばかりでなく、年中痒いのですがどうして夏なのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード