歴史書と物語

宮城谷昌光の「三国志」全12巻を読み終えました。
作者の文章に慣れてきたのか、比較的スムーズに読むことができました。
相変わらず、登場人物の多さには閉口しました、1200人余りだそうです。
しかしながら、わかりづらいのは人名だけでなく、地名もです。
ある武将が何処から移動して、どこで戦ったのか地名だけではわからないのです。
添付されるべき地図がまことにもって不親切なのです。
_DSF9440_convert_20150614202953.jpg

ご存知のように、吉川英治の「三国志」の元になった「三国志演義」は
史実とは異なったフィクションが数多く含まれた読み物なのです。
例えば、あの劉備・関羽・張飛の3人が義兄弟の誓いを結んだとされる
「桃園の誓い」は「三国志演義」の作者による完全な創作です。
また、あの有名な赤壁の戦いにおいては、
呉の孫権から任された周瑜は蜀の劉備・諸葛孔明の軍を全くあてにせず、
火攻めという奇襲で、大軍の魏・曹操を敗走させています。
その辺りの様子は、本書に詳しく、かつ面白く描かれております。

では、なぜこのようなことがおこるのでしょうか?
それは「漢王朝の正当な血を引くのは蜀の劉備である」
とする風潮が明の時代に浸透していったためだとされています。
そうした身びいきとも云える物語が出来あがり、
それが後の多くの大衆に支持されたのだそうです。

それでは西晋代の陳寿によって表された正史「三国志」は
ほんとうに正しいことを伝えているのでしょうか?
正直、私は少し疑問を抱いています。
およそ歴史書は勝利者の側から見た事実、記述で構成されており、
そこには敗者側からの見方・陳述は無視されやすいのではないでしょうか。
双方の記述、更には第3者の記録を突き合わせてはじめて
真実に近い歴史が出来上がっていくものだと思っています。

所で、この三国志の時代が西暦200年前後こと、
この「三国志」という歴史書の終わりあたりに、
「魏志倭人伝」という項目が出てきます。
そう、あの卑弥呼がいた邪馬台国の記述が出てくるのです。
しかしながら、肝心の日本はまだ文字を持っていなかったため、
今もって邪馬台国がどこであったかわからないのです。
従って、魏志倭人伝の記述の何処までが正しいのか不明のままなのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード