はなび

芥川賞の又吉直樹さんが書いた小説「火花」をちらっと覗こうとしましたが、
書店では在庫切れみたいです。

そこで、ちと古いんですが
ビートたけしの「HANA-BI」という映画を観ました。
言葉少なく、静と動の対比がまず目を引きました。
特に後半、逃避行を続ける二人の様子とそれにオーバラップするように
下半身不随になった刑事の描いた絵との間のすばらしさ。
(※実はビートたけしが描いた作品とか)
ビートたけしらしいユーモアを交えて見事な描写です。

暴力シーンが云々されますが、
私はむしろその底にある「悲しさ」が心に残りました。
寡黙な主人公の刑事、不治の病のその妻、そして下半身不随になった刑事。
言いようのない悲しさ、それを日本風に受け入れざるを得ない人たちの
深く静な悲しみが身にしみました。ラストはほんとうに感動的です。

さて、又吉直樹さんが書いた小説「火花」はどんな作品なのでしょうか。
私は文庫本になるまでじっくり待ちます。
その頃まで話題になるようであればいいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード