クラマーの蹴ったボール

「日本サッカーの父」デットマール・クラマー氏がこの17日亡くられたそうです。
1964年東京オリンピックを控えた日本代表を指導するため、代行監督として招聘され、
日本チームをベスト8まで導き、
さらに、68年メキシコ五輪でも日本チームの銅メダル獲得という快挙をもたらしました。
教え子にはあの釜本邦茂、杉山隆一らがいました。

また、彼は西ドイツユース代表監督を務めた頃、
フランツ・ベッケンバウアーをユース代表に抜擢し、公私両面で指導したそうです。
そう、あの皇帝ベッケンバウアーをです。

その彼が広島に来られたことがあります。
あの東京オリンピック前の頃だと思います。
私たち基町高校サッカー部はその指導ぶりを見学にゆきました。
背丈は思ったよりも低く日本選手とあまり変わらなったと記憶しています。

で、遠くから食い入る様に見つめている私たちのところへ、
彼はいきなりボールを蹴ってよこし、笑いながら片手を挙げてました。

亡くなれた翌日の出身地ドイツのバイエルン州では全試合、
試合前に黙祷が捧げられたそうです。

「サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする」
というの彼のことばがあるそうです。
このような指導者を日本はもとめているのでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード