美しい女性に撮ってもらうには!

今、何冊かの写真の専門書を抜書きして、
女性の写真の撮ってもらい方についてまとめてみました。

①自分のビュティフル・アングルを知っておいてください。
一般に女性は左側の顔がいいとされています。
でも、個人によって顔の形、髪型で人それぞれ違っています。
髪の分け方でおでこの広い方が明るい表情になりがちです。
逆に、底に秘めた美しさを出す場合は髪を意識し、
おでこを控えめにするという手法もあるようです。
鏡で自分スタイルを研究してみてください。
また、自分では気がつかないビュティフル・スポットがあるかもしれません。
カメラマンなどにそれを探してもらってく下さい。

②正面向きで撮ってもらうより、左肩(右肩)を前に出し撮ってもらう
相撲取りなら正面堂々と撮ってもらうと威厳がでてきます。
両足を広げ、真正面から撮ってもらい、
女子力を強調するのも一興かもしれませんが・・・
でも、やはり女性の場合、左足(右足)を少し前に出して斜交いに撮ってもらうと
体の線が細くみえますしきれいです。
目線は必ずしもカメラになくても良いと思います。
彼氏又はご主人のツーショットではその男性に体を向けるのがベターです。
尚、左向き、右向きはその時の衣装、自分のビュティショットを
わきまえて位置を決めてください。
私的には相手の男性を見ながら、優しく微笑むのがベストではないかと思います。

③出来るだけ晴天下ではさけ、木陰で撮ってもらう
光を正面から浴びると、わずながらでも眉間にシワがより、
険しい表情になりがちです。
しかも、顔全体がべっとりとした味気ない表情になります。
むしろ、薄曇りのほうが天候的にはベターではないでしょうか
どうしても晴天下で撮らざるをえない時は
光を後方、又は斜めに受けるように撮ってもらってください。
軽くフラッシュをあててもらうのもいいかもしれません。
むしろ、髪に美しい光が当たりシルエットになるような絵が好きです。

④集合写真ではなるべく真ん中の位置で撮ってもらってください。
特に狭い室内で、広角レンズで撮った場合、左右の端の人は顔が横に大きく写ります。
その場合は体全体を横に向け顔も正面を向かないほうがいいかもしれません。
男性がいれば、彼らを外側、女性は真ん中というのが常識的な撮り方です。
また、広角レンズの場合、あまり前方に出過ぎると顔が大きく歪んでしまいます。
後方で、おしとやかに撮ってもらってください、より小顔に写ります(o^。^o)
スマホはおよそ30ミリ広角レンズです、そこんとこ、よ~くわきまえてください。

最後に、目線と微笑みです。これがポートレイトの命です。
いろいろな方向をみつめながら撮ってもらってみてください。
両目全体がとらえられてなくとも、
その女性の美しさやさしさ出てくる場合が多々ございます。
そして、キャッチ・アイという言葉がありますが、
これをうまくつかまえるととびっきりの美人になること間違いなしです\(^-^)/

でも、最終的には内面の心のやさしさがあれば、
どのように撮られようときらっと輝くものが不思議と出てきます。
これはいわゆる美人とかそんな範疇ではないと思っています。
これがポートレイトの一番の面白さではないかと思っています。

img_0.jpg
(高峰秀子の目を御覧ください、光っているでしょ、これがキャッチアイです)

ihe_obako.jpg
(この秋田美人を下から撮ると口の大きさが少し目立つような気がしております(笑)、でも、うつくしい!!!)

images.jpg
(この沖縄の美人のおでこ、かわいいですね~、
でも白飛びしないようにしっかりとらえられています、
そして黒い髪の輝きも、さすがです!!!)

(※いずれも木村伊兵衛の写真集からの引用ですが、友人のカメラマンによりますと、
『目線よりやや高めから撮ってもらうとあごの線がいい感じに』
という指摘がありました。やはりプロは違いますね~)

以上、何冊かの写真専門書から抜き書きでございました。
これは撮影される側にも言えることではないかと思っております。
ご参考になればと思い、ヒマなじいさんがアップしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード