情熱

原田マハの「楽園のカンヴァス」を読みました。
大変面白かった、ほんとうに感動しました。
この作家の作品ははじめてなので最初ちと不安でしたが、
文章が平明ですらすらと読め、どんどん中身にひきこまれてゆきました。

アンリ・ルソー

彼女はこの小説の主人公と同じようにキューレーターつまり学芸員でもあるんですね。
ニューヨーク近代美術館にあるアンリ・ルソーの大作『夢』と
ほぼ同じような作品の真贋をめぐって、
その美術館の学芸員と日本人研究者の早川織絵とが対決をする。
七日間にわたって、その作品と対峙するとともに、
謎の古書を読ませられて真作かどうか判断しなければならない。
そして、話は二転三転、思わぬ展開をしてゆく・・・
それがとても心地よい!!!

さて、この小説の中心となるアンリ・ルソーの『夢』という作品ですが、
昔から何度も観ていますが一度もすばらしいと思ったことがありません、正直なところ!
しかし、この本を読むにつれて、アンリ・ルソーという日曜画家が
(俗にそのように揶揄されていた時期がありました)
この作品にかけたはてしない夢と強烈な情熱を知ることができ、
ああ~、この様にある意味、特別に「ぬけた人」がいたたんだと感動を覚えました。

世に認められなくともよい、いくら貧乏しょうとも、自分の夢を追い続け、
ひたすらその仕事に打ち込めるほどの情熱をもった人がほんとうにしあわせな人なんだ。
読み終わって、これが一番強く感じたことでした。
この作品に登場するニューヨーク近代美術館の学芸員、そして主人公の早川織絵も
アンリ・ルソーの作品を愛するという点において熱い情熱を抱いている。
この三者は同じような人たちなんですね。
ひるがえって、私のこれまでの生活の中でこのような情熱を抱いたことがあっただろうか。

この本の解説を担当されている高階秀爾氏が
『続 名画を見る眼』(岩波新書)の中でこう書いておられます。

『若いピカソに向かって、ある時、ルソーはこう言ったという。
「君と僕とは、現存する最大の画家だ。
様式から言えば君はいささかエジプト風で、僕の方が近代風だがね」
人びとはこのルソーの言葉を、無邪気な、素朴な発言として、微笑ましく受け取った。
しかし、もしかしたら、ルソーは、誰よりもよく歴史を見通していたのかもしれないのである』
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード