「混沌系」

本のお話をするとどちらかと言えば反応が少ないんですが、
まあ、ちと古い本ですが大変面白かったので紹介させてください。

池谷裕二『進化しすぎた脳』(講談社)という本です。
とにかく一度手にとって読んでみてください。
本の帯に書かれているように、「しびれるくらい面白い」です。

桃の木 オドロキ キツネにタヌキ いや
ウロコから目で 出目金    ってところでしょうか

専門的な部分を話せば長くなるし、私もよくわかりませんので
割愛させていただきますが、中にこんな話がありました。

出目金ではありませんがお魚の話です。
まず一般論として科学者は何でもバラバラにして物の基本部分までたどり着こうとする。
物質から分子、原子、中性子さらにはクオークまでいっちゃった。
でも、1つの個体がわかったとしてもその集合体の動きなどは科学的に解明するのは難しい。
個々の魚の性質などはほぼ解明されているでしょうが、
でもどうして魚は群れをなし、そのリーダーをつとめるのはどの魚なのでしょうか?

鳥にはリーダーがいて方向性などを決めているそうですが
魚はリーダーがいないそうです。
ある魚が先頭になったかと思うと別の魚が先頭になるなど
その集団の動きはめちゃめちゃです。
では、どのような習性で群がることができるのでしょうか?

著者はこう説明します。
「個々の魚のやっていることは①隣の魚に近づこうとする、
②でも近づき過ぎたら離れようとする、③そして隣の魚と同じ方向に泳ごうとする」
この3点で魚の群れの動きを説明できるそうで、
著者自身がパソコンで作成したアニメの魚の群れに
石を投げ入れた時の魚群の動きを見事に再現しているそうです。

気になる方は水族館で魚の群れをじっくり観察してみてください。
この様な動きの解明を「BOID(ボイド)」といわれ、
「複雑系」と呼ばれる現代数学の一つの典型例だそうです。

私は「単純系」であることは自他ともに認める所ありますが、
でもどうしてこんな朝早くこんな駄文を書いているのでしょうか?
ひょっとして、「混沌系」???
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード