紫陽花に水

s_DSCF0312.jpg

s_DSCF0223.jpg

s_DSCF0140.jpg

s_DSCF0291.jpg

2年前娘が買ってくれた紫陽花が今や見ごろとなっています。
ここ何日か雨がなかったのでまずはたっぷりと水やりをし、
花々の上にも水をかけてやりました。
これは撮影上好ましい絵ができるのでは
という姑息な手を考えてのことです(o^。^o)
で、この様を見ていた家内が「あら、今晩は雨みたいですよ!」
とのたまわれました。
「いいの、こっちにはこっちの事情があるんじゃけ~」
と答え、シャッターを押しまくりました。

そして今、買い物から帰ろうとすると雨がざばざばと振りだしてき、
遠くで雷がなっています。
誰かさんの言うこともたまには当たるんですね(o^。^o)

教科書で出会った・・・

また本を買ってしまいました。
「教科書で出会った 名句・名歌300」(石原千秋・新潮文庫)です。
これで「教科書で出会った・・・」シリーズ3冊揃ったことになります。

この文庫の最初の句は

雪の朝二の字二の字の下駄のあと  田捨女(でん・すてじょ)

でございます。下の注意書きを読んでびっくり、
この句は田捨女がなんと6歳の時作った句だとか!!!
で、彼女のことを調べてみました。
『1634年、丹波国氷上郡柏原藩(現在の兵庫県丹波市柏原地域、当時の藩主は織田信勝)に、
柏原藩の庄屋で代官も務めた田季繁の娘として誕生した。
氏名は田ステで、「女」は名の一部ではなく女流歌人の名に添える接尾辞である。』

それにしても、我が子を「捨て」とは~
でも私らより上の世代には「捨造」「捨吉」といった名前をみたことがあります。
詳しい理由はわかりません。

最後に、このシリーズの監修者・石原千秋があとがきで次のような事を言われています。
『和歌・俳句の歴史は「自然」から「ひとり」へと変遷している』と。
でも、万葉集には

父母が頭(かしら)搔き撫で幸(さ)くあれて言ひし言葉ぜ忘れかねつる
  (防人の歌)

憶良らは今は罷(まか)らむ子泣くらむそれその母も我を待つらむぞ  (山上憶良)

といった句が多く見られます。なぜでしょう?
素人の私には判然としません。

強靭な意志

実は池波正太郎の「男振」(新潮文庫)を昨夜一晩で一気に読み上げました。
時代小説はどうも言う方、まずはこれを読んでみて下さい。
そのかわり昨夜は本を読みすぎて眠たい眠たいとこぼざれてもわたしのせいではありません。
池波正太郎に文句言ってください(⌒-⌒;)
読み始めて途中でストップする勇気のある方、
あなたは強靭な意志の持ち主でございます(o^。^o)
ぜひとも翌日が休みという晩にお読み下さい。
さらによければ「剣客商売」もおすすめします!!!

粘る

ここは廿日市市内でもいなか風情を残している所して私の好きなポイントです。
手前の踏切が広島電鉄宮島線、向こう側にJR山陽本線の踏切がございます。
じりじりと照りつけるなかおよそ半時、やっと「お客さま」がお通りになりました。
汗をふきながらヒマな年寄りは、「でもこれが楽しんだよね~」とうそぶいております(o^。^o)

s_DSCF2636.jpg


ボケ

朝早く目覚め、一服したいなと思い近所のタバコ屋さんに行きかけました。
で、その時ふと、そういえば先日買ったばかりの中古の望遠レンズで
朝の宮島を撮ってみようと思い立ちました。

さて、展望台につき定期船の行き来をこめて撮ろうと思い、
一服しながら待っていましたが、船は宮島口の桟橋でじ~として動こうとしません。
ふと時計を見ると6時前です、そりゃそうですよね、
こんな朝早く船を動かしても乗る人はほとんどいませんものね。

s_DSCF0126.jpg


s_DSCF0130.jpg

で、家に帰ると家内が
「どこへ行っとたん?ボケてどこかを徘徊してとったかと思うたよ~」
「ほうよ、海が霞んで、ピントがボケ、どうもいい絵がとれんのよ~」
と答えておきました。

らくだ

s_DSCF2591.jpg

先ほど、子どもたちから古希祝い第2弾が届きました。
この早春、東京に居候していた折、ミュシャ展が開かれていました。
彼の畢生の大作「スラブ叙事詩」20点が国立新美術館で公開されていたのです。
チェコ国外初の公開ということで、観にゆきたかったのですが
ついつい機会を逸してしまいました。
で、せめてカタログでもということで送ってくれました。

s_DSCF2607.jpg

そしてもう一つ気に入ったものがラクダさんのマグカップです!!!
娘がヨルダンにゆく途中、飛行機の乗り継ぎが上手くゆかず、
長時間空港で待たされた時に見つけたものらしゅうございます。
いいでしょう~、先日送ってくれたコーヒーメーカーでカフェを点て、
中になみなみと注いで、それをいただきながらしたためております(o^。^o)

その他にもアラビア模様のジッポライターやイラン製の灰皿など、
家内にはアラビア模様のきれいな木製の箱など送られてきました。
こちらは彼らの健康のことばかり気がかりなのですが
彼らは彼らなりに気をつかってくれているようです(o^。^o)

雨に咲く紫陽花

s_DSCF99821.jpg

今朝から雨が降りつづいています。
この雨に一番にあう花が紫陽花ではないでしょうか。
とうことで、しょぼつく中、
昨日買った9000円の望遠レンズを持ち出し軒先から撮りました。
ううん~、やはり単焦点レンズに比べキレがいまいちですが
それなりの雰囲気は出しているように思います。
いずれにしましても梅雨の頃には
この紫陽花もよりいっそうあでやかでしっとりと咲くことでしょう!

望遠だよ!

古本屋に寄ったついでにカメラのキタムラによりました。
そして思わぬ掘り出し物を見つけました!!!
望遠ズームレンズ(Ai AF Zoom Nikkor ED70-300mm F4-5.6D)を発見したのです。
価格が9000円でおつりがくるほどの安さです。
望遠ズームレンズは持っていなかったため、なんとか欲しいものの一つでありました。
帰り、ゆめタウンの窓ガラス越しに試写してみました。

s_DSCF2571.jpg

s_DSCF9926.jpg

s_DSCF9957.jpg

s_DSCF9933.jpg

70㎜、135㎜、300㎜の写り具合です。
(全てFindsの下の横文字までしっかりと見えます!)
大変大雑把な感想ですが、9000円の望遠ズームレンズとしては立派なものではないでしょうか?
しかも絞りリングがついており、重さは505グラムととても軽いです!!!
あとは手ブレ対策をいかにこうじるかだけでしょうね。

さて、これで対岸の宮島の舞台の花嫁さんや
月の裏側の写真まで撮りたいな~と思っています(o^。^o)
楽しみなことです!!!

爽やかな朝一番

s_DSCF2454.jpg

s_DSCF2492.jpg
(この花は「チェリーセージ」だそうです。西洋のハーブのセージの仲間でしょうか?よくわかりません(⌒-⌒;)

s_DSCF2431.jpg

s_DSCF2507.jpg
(この花はなんと朝顔だそうです。朝顔って、常に上に上へと伸びる上昇志向の花だと思っていました(笑)

s_DSCF2497.jpg

私の住む団地にはいろいろな木々や花々を植えてある緑地帯がたくさんあります。
名前も知らいないような花々を毎日丁寧ていねいに育てておられます。
今朝もゴミ捨てに行った帰り、それらをゆっくりと眺めながら写真を撮らしていただきました。
地べたにしゃがみこんでファインダーをのぞいていると、
「おはようございいます~」とサラリーマンの方が挨拶されて仕事場にむかわれました。
今朝も爽やかな朝一番でございました。

コーヒーで午後のひと時を

昼過ぎ、子どもたちから我々の古希祝いとして結構なものが届きました。
まず、なにやらゆかしげな夫婦椀。詳しく読んでいないのでよくわかりません。

IMG_2365.jpg

そして何よりうれしいのがコーヒーメーカーです。
以前からひそかに欲しいな~と思っていたのですが
家ではドトールの紙パック式ドリップコーヒーなどで楽しんでいました。
幸いなことに先日まさこちゃんからいただいた豆のコーヒーがあったので早速点ててみました。
まず、機械を洗浄し、いろいろ試行錯誤しながら待つことしばし、
やがてポタポタと黒いコーヒーが滴り落ちてきました。

IMG_2367.jpg

IMG_2369.jpg

家内にはミルクを入れて、「どう???」
「ううん~」と少し首をかしげていました。
まだまだこれから極めなければいけないことが沢山ありそうです。
これでまた一つ楽しみがふえました、有り難いことであります(o^。^o)
プロフィール

Hocco21

Author:Hocco21
手前、生国と発しますは
芸州・ひろしまです。
小さい折から、太田川の
産湯を使い、
長じましては宮島の弥山を
眺めてその日暮らし、
年金生活をおくってます。
さあて、ここに
取りいだしたるは、
本や音楽のお話、
また、映画や写真の話題、
それに、楽しい話に、
くだらねー話と、もり沢山!
御用とお急ぎでない方、
さあて、お立会い!

この度、「カテゴリー」の欄に
「私のお気に入り」という項目を
作成しました。
御用とお急ぎの方、
この「私のお気に入り」を
クリックてみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード